幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

ポジウィルキャリア 社会人の学びと転職

【ポジウィルキャリアの評判】大変だと感じたこと・気づき編〜ユーザーnoteより〜

ポジウィルキャリアの評判。ユーザーの気づき・感じたこと編
ポジウィルキャリアの評判。ユーザーの気づき・感じたこと編

ポジウィルキャリア(ポジキャリ)の評判や口コミをユーザーが公開しているnoteより抜粋して紹介します。
  本記事では、ポジウィルキャリアを受講中にユーザーが気づいたこと・大変だと思いったことについてのくちコミをまとめてみました。
 

吹き出しの凡例
吹き出しの凡例

※本記事は一部のみの引用なので、オリジナルのnoteを読むことをオススメします。
オリジナルのnoteへのアクセスはポジウィルキャリアの公式サイトからまとめ記事に移動できます。

ポジキャリのカウンセリング・トレーニング途中でユーザーが気づいたこと

ポジウィルキャリアを受講して「自分のことを良くわかっていない」と気づくユーザーが多いようです。
  具体的な例は以下の3つです。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
草野陽夏さん
草野陽夏さん
なぜ自分は自分のことを何も知らないんだ!!!
ぽみ さん
ぽみ さん
自分で蓋をしていた感情に気付かされ、ハッとさせられる。
aya**さん
aya**さん
自分はこういうことを考えていたのか

おそらく、この記事を読んでいる方は
  「自分のことを知らない」ことを知らない。
  という人も実はいるのではないかと思います。
  前述したユーザーたちも、ポジウィルキャリアを受けてみて、「自分のことを知らない」という事実に気づきました。

自分のこと分かっているつもりでも、ポジキャリ受ければ分かっていないって気づけるのね。
社会人ななみ
社会人ななみ
先生
先生
ポジウィルキャリアでの自己分析では、自分のことについて徹底的に掘り下げます。
その結果として今まで気づけなかったことに気づけるのです。
ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
jenlizuさん
jenlizuさん
ここで気づいたのは「自分のできること」をきちんと整理しないと前に進めないということです。

jenlizuさんは「やりたいこと」ベースに転職先を探した結果、「自分のできること」の整理すなわち「キャリアの棚卸し」の重要性に気づいたようです。
  誰もが「やりたいこと=できること」ではないと本人も認識しており、自己分析と「できること」を合わせて自分軸を定めようとしていました。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
Mahoさん
Mahoさん
未来について考えること」から、何かと理由をつけて逃げていただけだな、と思う。今後何十年も波に流されるまま、受動的に生き続けるのは、きっと退屈で楽しくない、ということに気付いた。

他人の時間を生きるのではなく、「自分の時間を生きる」よく啓発本なんかで目にする言葉です。
  自分の意思で未来を作る
  この方はポジウィルキャリアを受講して、このように考えるようになったそうです。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
aya**さん
aya**さん
ようやく自分は転職活動をすることが目的になってしまっていたことに気付きました。

aya**さんは、転職活動中考えがまとまらず、迷走状態に。
  そんな時、トレーナーの提案で自分のなりたい姿、自分は何が出来るのか、何をしなければいけないのかを考えました。
  すると、転職活動はあくまでも自分のなりたい姿を実現するための手段でしかないことに気づくことで、上手くいくようになったそうです。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
masamiさん
masamiさん
エンジニアという仕事に強い思い入れや「エンジニアを続けたい」という本心に気づくことができました。

エンジニアを続けたいが、適性がない、自信がないと感じたmasamiさん。
  トレーナーの一度逃げると逃げ癖がついて将来きっと後悔します。それでもいいですか?で上記の本心に気づきました。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
ありさ さん
ありさ さん
結構自分頑張ってるじゃん!!という気づきがありました。(笑)

上記のありささんの場合、自信が無いのが悩みでしたが、過去の振り返りをすることで頑張っていた過去があることに気づけました。

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
aya**さん
aya**さん
自分がこれだけ毎日楽しく過ごせていることがあるんだ!

ポジウィルキャリアのトレーニングでは「感謝ノート」と呼ばれるワークがあります(コレを実施するかは人による)。
  感謝ノートは毎日の喜びや楽しみなど、ポジティブなことを書きトレーナーに報告するものです。
  aya**さんにはこの感謝ノートのワークが役立ったようで次のように言っています。
  悩むことが趣味になっていた私が、悩んだ時ほど行動で解決させることが少しずつ出来る様になっていたのです!

ユーザーの口コミ・評判 〜ユーザーが気づいたこと〜
ぽみ さん
ぽみ さん
急に自分の人生に彩りが増したように感じた。

仕事一筋だけではなく、ちゃんとパートナーとの時間や余暇の楽しみも味わって生きたい。というのが、理想の人生だと上記のぽみさんは気づきました。
  そう考えることで人生に彩が増したように感じられたそうです。

ポジキャリのカウンセリング・トレーニング途中で大変だと感じたこと

ポジウィルキャリアではカウンセリングの他、トレーニングと称するワーク(宿題のようなもの)が出されます。
  これについて、ユーザーがポジウィルキャリア受講中に大変だと感じたことをいくつか抜粋しました。

ユーザーの口コミ・評判 〜大変だと思ったこと〜
ゆりあ さん
ゆりあ さん
毎日が脳みその筋トレ

トレーンング期間は、毎日ワークを行いトレーナーに報告・振り返りをする場合があります。
  ワークはただ記録するようなものではなく、自分の行動や考えたことについて熟考する必要があるため大変なようです。

ユーザーの口コミ・評判 〜大変だと思ったこと〜
あおいろ さん
あおいろ さん
死ぬほど恥ずかしくて抵抗ありましたが(〜中略〜)羞恥心はゴミ箱に丸めて捨てる事にして、半ばヤケクソになって取り組みました。

あおいろさんの場合、面接での話し方練習のため、面接練習の声を録音してトレーナーに送るというワークを行いました。
  自分の声を録音して聞き返すというのは恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。
  しかし、そんな羞恥心なんかは捨ててワークに励む必要があります。

ユーザーの口コミ・評判 〜大変だと思ったこと〜
おく さん
おく さん
『間違えることができない』というプレッシャーから未来について考えることを避けてきた自分にとって、この時間はかなり大変だった。

おくさんの場合、過去の振り返りは大丈夫だけど未来について考えるのが大変だったようです。
  誰でも将来のための選択は迷うし、不安がつきものだと思います。
  本当にこれでよいのだろうか?
  トレーナーの協力があったから、未来の姿を想像し、考え抜くことができたそうです。

ポジウィルキャリアのトレーニング、ハードそうね・・。
社会人ななみ
社会人ななみ
先生
先生
ハードに取り組むトレーニングだから、人生を変えることができるのだと思いますけど。

トレーニングは生優しいものではないようで、このような事を言及するユーザーもいます。

ユーザーの口コミ・評判 〜大変だと思ったこと〜
だめ夫 さん
だめ夫 さん
使う側も頑張る必要があり、お金を払ったからとお客さん気分で行ってしまうと痛い目にあってしまう可能性がある。

私はユーザーのnoteを全て読みましたが、ほとんどの方が良い方向に変化しているように感じました。
  これは、お金を払ってまで「変わりたい」「良くなりたい」「成功したい」というユーザーの強い気持ち、それを助けたいと思うトレーナーの思いがあるからだと思います。

先生
先生
あなたのキャリア・生き方もポジウィルキャリアで変えてみませんか?
初回の相談は無料でできます。
下のボタンで人生が変わるかも!?
非公認キャラ<br>ポジ子
非公認キャラ
ポジ子

\無料相談はこちらから/

ポジウィルキャリアに関する記事一覧

※引用時に言葉の関係上、語尾などを多少付け足していますが、文意は変わらないようにしています。なお、引用部分は吹き出しの部分です。
※本記事は一部のみの引用なので、オリジナルのnoteを読むことをオススメします。
※オリジナルのnoteへのアクセスはポジウィルキャリアの公式サイトからまとめ記事に移動できます。
※本サイトは(株)ポジウィルより正式なオファーを頂き、POSIWILL CAREER関連の記事を広告の一環として掲載しています。

-ポジウィルキャリア, 社会人の学びと転職
-, ,

© 2021 進学羅針盤