幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

社会人の学び直し

【評判】ポジウィルキャリアの自己分析、利用者事例と解説《転職しない編》

記事の内容 こんなことが解決できます

ポジウィルキャリア(通称:ポジキャリ)の評判・レビューを漫画で解説。ポジウィルキャリアでのトレーニングの結果、転職以外の進路を選択した人についてまとめています。

※旧ゲキサポの評判・レビューを含みます。現在ゲキサポはポジウィルキャリアに名称変更になっています。

おことわり:漫画に登場する相談者は同じキャラ(ななみ)で表現しています。

1.仕事を辞めて夢への一歩を踏み出せたMさんの場合

Mさんの悩みとその背景
グレーの人物
相談者Mさん
極度に自信が持てない悩みが幼い頃からあり、認めてもらうために自分を押し殺してきた。内心は自分の才能で自由に生きることに憧れが。販売職に苦手意識があったが、業界の優良企業ということで就職してしまう。

1-1.良い会社に就職しないといけないというプライドが自分を苦しめた

入社1ヶ月で仕事が合わないことを確信。転職を考えるが・・
ポジキャリユーザー事例:Mさんの場合〜その1〜
「入社1ヶ月で仕事が合わないのを確信。転職を考えるが・・」
グレーの人物
相談者
Mさん
「なるべく良い会社に就職しないと、負け組になってしまう・・」と背伸びしていました。

1-2.何か特技を生かせる仕事は無いか?

転職エージェントでは悩みは解決しない。
ポジキャリユーザー事例:Mさんの場合〜その2〜
「自信が無い悩みを解決しないと進めない!」
グレーの人物
相談者
Mさん
悩みを解決しておかないと転職を繰り返しそうで、なかなか前に進めませんでした・・
そんな時、ポジウィルキャリア(旧ゲキサポ)を見つけました。

1-3.ポジウィルキャリアの自己分析とトレーニングで得られた成果

ポジウィルキャリアのトレーニングは基本的に自己分析から始まる。

自尊心の高さと自信の無さのギャップが生き辛さの原因。
ポジウィルキャリアのトレーナー
ポジキャリ
トレーナー
気付き
相談者
Mさん
自信がないことは自覚してましたが、第三者から言われたら、ストンと腑に落ちました・・
自分軸を作るのと並行して、自信を取り戻すトレーニングしましょう。
ポジウィルキャリアのトレーナー
ポジキャリ
トレーナー
ポジウィルキャリアの自信を取り戻すトレーニング
ポジキャリユーザー事例:Mさんの場合〜その2〜
「自信を取り戻すためのトレーニング」

なお、「自信を取り戻す」トレーニングは、通常のサービスでは実施されない。
  しかし、ポジウィルキャリアでは、相談者に必要な独自課題を設定してくれる。
  トレーニング中は、チャットでいつでもトレーナーと繋がることができるため、このような日々の積み重ねが必要となるトレーニングには最適である。
  トレーナーが徹底的に相談者に寄り添い、一緒に自分に向き合うことで、Mさんは少しずつ自信をつけることに成功した。

幸せそうな表情
相談者
Mさん
ありのままの自分を受け入れることが、ごく自然にできるようになりました!

Mさんは「素の自分」を受け入れられるようになり、自己分析やキャリア設計がうまくできるようになったと言う。
  そして最終目標である「自分の軸の明確化」のための自己分析に入った。

自分の軸を明確化するためには自分で決めて、自己決定感を伴うと良い。
ポジキャリユーザー事例:Mさんの場合〜その4〜
「自分の軸を明確化するためのトレーニング」

自分軸・キャリアの軸が決まったMさんは、転職ではなく別の新しい道を選択することにした。

ポジウィルキャリアでのトレーニングの結果、仕事を辞め自分の夢のために資格をとる
ポジキャリユーザー事例:Mさんの場合〜その5〜
「夢への第一歩」

こうして、Mさんはずっと心に秘めていた「大好きな絵を通して誰かを助けたい!」という夢のために、絵画療法士(アートセラピスト)の資格取得を目指している。
  この、絵画療法士という仕事は、日本ではあまり馴染みはないが、海外では普及しており、日本でも今後必要な仕事の一つである(日本は10年以上は遅れている)。

ポイント

資格を取ることだけでは無く、それを仕事に結びつける算段もつけているのがポイント。
  自分の軸が決まったので、先を見通した道筋を具体的に考えられるようになっていると考えられる。
  とりあえず「資格を取る」「進学する」と考えてる人は参考にしよう。

最後にMさんは、下記のような悩みがある人は、押し潰されるまえにポジキャリへ相談をした方が良いと言及している。

こんな人は相談した方が良い
  • 今の環境に満足できないけど、どうしたら良いのか分からない人
  • 「逃げは甘え」と必要以上に自分を追い詰め、合わない仕事を無理に続けている人
  • 自分には何ができるのか分からない人

初回の相談(45分間)は無料です。

2.ポジウィルキャリアの自己分析で自分に向き合い、もう一度頑張ろうと決意したAYさんの場合

AYさんの悩みとその背景
グレーの人物
相談者AYさん(女性)
新卒で入社した営業の仕事、パタっとやる気がでなくなった。何度も転職を考えるが、何したいか分からず自信喪失。もともと、自己肯定感が低く、すぐにネガテイブ思考になる性格が悩みの種。

2-1.ガンバルことにスイッチが入らなくなった

ポジキャリユーザー事例。自己肯定感のないAYさんがポジキャリの自己分析を受ける前の状況
ポジキャリユーザー事例:ARさんの場合〜その1〜
「やる気スイッチが切れる?」
グレーの人物
相談者
AYさん
なんでそんなに熱くなれるの?
私にはそれがない。うらやましい・・
仕事が合ってないのかな・・?

2-2.退職・転職に踏み切れず、転属してみたが・・

ポジキャリユーザー事例。営業の仕事に熱が入らず転属へ
ポジキャリユーザー事例:ARさんの場合〜その2〜
「営業の仕事に熱くなれないので新部署に転属してみた」
ポジキャリユーザー事例。転属するが上手くいかない。そしてポジウィルキャリアに出会う。
ポジキャリユーザー事例:ARさんの場合〜その3〜
「転属するも上手くいかない、そしてポジキャリに出会う」
気付き
相談者
AYさん
転職先の案内をしないという点に興味が湧きました。
しかも初回無料!試さないと損!

2-3.ポジウィルキャリアでの自己分析はこんな感じ

無料相談後、有料プランに申し込んだAYさん。

ポジキャリユーザー事例。ポジウィルキャリアのトレーニングはこんな感じ
ポジキャリユーザー事例:ARさんの場合〜その4〜
「ポジキャリのトレーニングはこんな感じ」

トレーナーとの面談で、自分では気づかないところまで、考えさせられる。
  本人的に何気ない事であっても、トレーナーが気になれば「なぜ?」「どうして?」「どんな気持ちだった?」と聞かれ深掘りされる。
  これにより、本人にとって何気なかった事柄でも、実は自己分析においては重要なファクターになることもある。

参考:ARさんではありませんが、この様なツイートもあります。

2-4.ポジウィルキャリアの自己分析で得られた成果

自己肯定感が低く、ネガティブ思考をするのは自分の性格だと長年考えてきたAYさん。
  例えば、人に褒められても、自分が自覚している部分でなければお世辞だと思ってしまい、素直に受け入れないという。
  そして、自己分析のなかで、「自己肯定感が低いのはどうしてなのか?」を探ったとき、トレーナーが指摘したのは・・

ポジキャリユーザー事例。自己肯定感が低い理由が明らかになる。そして会社を辞めないことにした。
ポジキャリユーザー事例:ARさんの場合〜その5〜
「一番知りたい自己肯定感の低さの原因が判明!そして・・」

超ポイント

ポジウィルキャリアのトレーナーは、相談者から深掘りして聞いた内容をもとに、相談者が上手く言葉にできない「悩みやその本質」を「言語化」する。
  分析した内容に従い、ハッキリとそしてズバッと言ってくれる。
  利用者の中には、ハッキリ言われてしまうことでショックを受ける人も少なくない。
  しかし、これはショックというよりは、ハッキリ言われてしまったがための「動揺」なのだと思う。
  多くの利用者が「振り返ってみるとハッキリ言われたことが良かった」という感想を述べている。
  自分と本気で向き合うためには、少しショックなことでも言ってもらえる方が有難いはずである。
  なぜなら、それを乗り越えなければ改善しないのだから。
  また、トレーナーはハッキリと指摘するだけではなく、どうしたら良くなるのかを一緒に考えてくれる。
  教えてくれるのではなく、一緒に考えるのである。
  そして、自分で方針を決める。
  これは自己決定感を伴った方針決定なので、簡単には揺るがないはずだ。

幸せそうな表情
相談者
AYさん
「仕事の行き詰まり」「仕事つまらない」「辞めたい」と思ったら、一度思いっきり自分と向き合うことをオススメします!
幸せそうな表情
相談者
AYさん
ポジキャリならどんな話も受け止めてくれるし、全力サポートしてくれますよ!

初回の相談(45分間)は無料です。

▶︎記事の原文について◀︎

ご紹介したレビュー記事はポジウィルキャリア卒業生のnoteを参考にし、独自の解説を加えています。
  文章や漫画についてはかなりの演出を施していますが、おおよそのストーリは一致しています。
  ポジキャリ公式サイトに卒業生が書いたnoteへのリンク集がありますので、原文をお読みになりたい方はそちらをご覧ください。
  なお、2021年1月6日現在、36本のnoteへのリンクがあります。

TOPページに戻る

-社会人の学び直し
-, ,

© 2021 進学羅針盤