ポジウィルキャリア 社会人の学びと転職

【ポジウィルキャリアの評判】利用者が得られた成果と感想「結局ポジキャリって良いの?」

ポジウィルキャリアの評判。利用者が得られた成果と感想
ポジウィルキャリアの評判。利用者の成果と感想

このシリーズでは、ポジウィルキャリア(ポジキャリ)の評判や口コミをユーザーが公開しているnoteより抜粋して紹介します。
  本記事では、ポジウィルキャリアの感想や得られた成果についての評判をまとめています。
  なお、本シリーズの他の記事は下記となりますのでご興味があれば合わせてご一読ください。

吹き出しの凡例
吹き出しの凡例

※本記事は一部のみの引用なので、オリジナルのnoteを読むことをオススメします。
オリジナルのnoteへのアクセスはポジウィルキャリアの公式サイトからまとめ記事に移動できます。

ポジウィルキャリアを使って「気持ちが晴れた!」という評判

仕事・キャリアの悩みは人それぞれですが、精神的にも追い詰められてしまう人も少なからずいます。
  まずは、ポジウィルキャリアを使って悩みが解決し、率直な気持ちとして気分が晴れた、スカッとしたというような評判をいくつかピックアップしてみました。

ポジウィルキャリアの利用で気持ちが晴れた

ぽみ さん
ぽみ さん
ずんと長年重くのしかかっていた憑き物が取れた気がした。
masamiさん
masamiさん
長年消えなかった心のしこりがゆっくりとなくなっていくのを感じました。
ゆりあ さん
ゆりあ さん
ようやく見えない何ものからか解放されて自分らしく自由に過ごせている気がしています。
Takaさん
Takaさん
人生で初めて自分自身を許すことができた。

長い間悩み続けた末に、ポジウィルキャリアで解決できた喜びを感じられたという評判が多いです。
  ポジウィルキャリアに相談する内容は、具体的な仕事内容や転職に関するものだけでなく、ほとんどの場合「気持ちの問題=どう生きるか」に関わる問題です。
  そのため、解決した時は人生が変わったかのような感想が多いようです。

転職を考えている人が転職せずに悩みを解決

また、転職の必要性を感じ迷っている人が相談し、結局転職しないという決断をした場合でも、悩みが解消し気分が晴れたという事例もいくつかあります。

TNさん
TNさん
転職することをやめるのと同時に、やっっっと悩むことをやめられた瞬間でした。
転職しないのに、悩みが解決とは!
社会人ななみ
社会人ななみ
実は悩みの解決に、転職が必要ないってこともあるんですよ!
非公認キャラ
ポジ子

ポジウィルキャリアは転職のトレーニングをするためのサービスだと思われがちですが、少し違います。
  「キャリア・仕事の悩み」を解決するためのトレーニングと言った方が正確です。
  なので、問題解決に転職が必要ないと判断すれば「なぜ転職が必要なのか?」のレベルで思考を整理します。
  そして、本人も転職の必要性を感じなくなれば、「転職せず現職に留まる」というケースや「スキルアップ・資格取得のために学ぶ」というケースもあります。

「どのように悩みが解決していくのか」というプロセスについては次のような言及があります。
先生
先生

キャリアの悩み解消のプロセスとその感想

ぽみ さん
ぽみ さん
精神論ではなく、体系的な方法で自分の思考を整理していくプロセスによって、自然と附に落ちた。

ポイント

キャリア心理学やキャリアデザイン学などに裏付けられた手法を用いて、問題解決のためのトレーニングを行います。
  やればできる!頑張れ的な精神論ではありません。
  なお、ポジウィルキャリアのプログラムはキャリア研究の第一人者である法政大学の田中研之輔教授によって監修されているため、学術的なお墨付きもついています。

これらの手法によって仕事のモヤモヤや不安が解消した人は、次のように感想を述べています。

wataru40101さん
wataru40101さん
一気に視界がクリアに方向性が固まった感じがしました。

仕事・キャリアの悩みは精神的につらいことが多いかと思います。
  最近、ポジウィルキャリアでは臨床心理士も参加しているため、精神的に追い込まれた人の相談も可能となっています。
  一人で悩んでいないで無料相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか?
  何か変わるかもしれませんよ!

\無料相談はこちらから/

公式サイトに別ウィンドウで遷移します。

ポジウィルキャリアのトレーニングで「前向きになれた!」という評判

ポジウィルキャリアのトレーニングでは気分を晴らすだけではなく、気持ちが前向きになったり、モチベーションが高まったりします。
  仕事で落ち込み、自分の将来を悲観していた人もこのような感想を述べています。

ポジウィルキャリアは気持ちが前向きになれる

よっこ さん
よっこ さん
今はとても前を向いています!
tobitaさん
tobitaさん
自分の人生は暗くない、むしろ自分の人生めっちゃ楽しそうじゃん!
カモさん
カモさん
自分のことを愛せることが出来たと自負しております。
ゆん さん
ゆん さん
不思議とポジティブな未来しか浮かんで来ないのです。
skawasaki0701さん
skawasaki0701さん
これからの人生、楽しみしかないことに気づいた。
なんでこうなれるの?うらやましい・・
社会人ななみ
社会人ななみ
自分は「こうあるべき」という考え方をしなくなっただけですよ。
非公認キャラ
ポジ子

他人との比較や、自分はこうじゃなきゃいけないという固定観念にとらわれると、生きづらくなります。
  この辺に問題を抱えている人は、トレーニングを受けることで「劣等感」「自己肯定感の低さ」を改善できる可能性が高いです。

ポジウィルキャリアで気持ちが前向きになれた理由

ポジウィルキャリアの利用でどのような変化があるかというと、次のような事例が多いようです。

あや さん
あや さん
自分にかける言葉にすごく変化が生まれました。

な〜んだ。そんなことか!と思う方もいるかもしれませんが、自己肯定感が低い人はこれが難しいのです。
  仕事で失敗や出来ないことがあった時、どのように捉えるかで気持ちやその後のモチベーションが変わってきます。
  「ダメダメな自分は嫌だ・嫌いだ」から「自分を認めてあげる」「自分を誉めてあげる」といったことが自然にできるようになります。
  実はこれは非常に重要なことです。

こうあるべきと思うと、プレッシャーがかかる。自分を褒めることでモチベーションを保とう
「こうあるべき」と思うと、プレッシャーがかかる。自分を褒めることでモチベーションを保とう

人の考え方やモノの捉え方は長年培ってできたものです。
  今日から考え方を変えようと思っていてもそう簡単ではありません。
  なので、トレーニングが必要なのです。
  そして、それなりの努力と時間も必要になってきます。
  なので下記のようなことを言う利用者もいます。

あおいろ さん
あおいろ さん
自分を変えるきっかけを作れたのは自分が諦めないで努力した結果

この方は学歴・職歴に劣等感を持っていましたが、トレーニングの結果、自分が思う理想の転職を果たし、以下のように思ったそうです。

あおいろ さん
あおいろ さん
学歴職歴だけで人生を変えれない訳でもないんだ…と今回少し思えました。

学歴やスキルが「人よりも劣っている」という動機で、学び直しをしたいという社会人は多いのですが、これには落とし穴があります。
  上記までのように自己肯定感が低い場合、学び終わって成長したはずなのに「不安が残る」「自分を認められない」・・・結局いつまでも満足しないということも考えられます。
  ある意味ハングリー精神で良いことなのかもしれませんが、精神的に少し辛いかもしれません。
  ここは、気持ちの持ち方次第なので、これに思い当たるようなことがある方は学び始める前にポジウィルキャリアの無料相談で相談した方が良いと思います。

\無料相談はこちらから/

公式サイトに別ウィンドウで遷移します。

ポジウィルキャリアの利用で「自信がついた!」「自分を認められた!」という評判

自己肯定感が確かな自信へ変化

劣等感の克服、自己肯定感の上昇で、それは確かな自信へと変わっていきます。
  自分に「自信がついた!」「自分を認められた!」という言及をもう少し挙げたいと思います。

よっこ さん
よっこ さん
自己肯定感も以前よりも高まり、自信を持って前を向くことができました!
ありさ さん
ありさ さん
もっと自分を認めていい。
も さん
も さん
(自信がついたので)自分の素直な声に耳を傾けることができるようになりました。
skawasaki0701さん
skawasaki0701さん
自分で自分を認めてあげることができるようになったから。(中略)自己分析を終えたら、確かな自分がそこにいた。

根拠のある自信は、自分の強みを理解したから

単に自信がついた、いわゆる「根拠のない自信」では意味がありません。
  ポジウィルキャリアの自己分析では自分の強みをしっかり知ることで、根拠のある自信をつけることができます。

よっこ さん
よっこ さん
自己肯定感が下がりまくっていたため、僕あまり強みがわかりませんでした。ですが、トレーナーの方の手助けもあり、ようやく自分の良いところがわかりました!
natsuさん
natsuさん
自分は当たり前だと思っていたことが実は自分の強みだと確信できました。
Takaさん
Takaさん
そんな自分だからこそ生み出せた価値や行動・結果が、確かに27年間歩んできた道(過去)にあったことを自覚することができた。

日常では会社の上司や仲間に認められ、自分も完璧にできたという満足感が得られれば良いのですが、そのような恵まれた職場に身を置いている人はどれ位いるのでしょうか?
  なので、第3者であるトレーナーが客観的にあなたの強みを指摘したり、気づかせてくれることは非常に意味があります。

お世辞じゃなくて、客観的な第3者に言われると、信じてもいいかなって思えるわね。
社会人ななみ
社会人ななみ

下記の利用者のように、自分を信じることができるレベルで自信がつけば、なんでもできる気になると思いませんか?

skawasaki0701さん
skawasaki0701さん
私は自信がある。だって、私が信じているのだから。

ポジウィルキャリアでは転職するまでがゴールではなく、その後の人生の幸せがゴールです。
  自分を認められたり、自信がついたりといったことは、転職後の働き方だけでなく生き方そのものに良い影響を与えます。
  この部分が他のサービスとポジウィルキャリアとの大きな違いと言えるでしょう。

\無料相談はこちらから/

公式サイトに別ウィンドウで遷移します。

ポジウィルキャリアが「役に立った!」「学べた!」という評判

ポジウィルキャリアの利用で、自信や自己肯定感の向上以外に「役に立った」「学べた」という言及もいくつもあります。
  それらをいくつか挙げてみます。

「自分の人生を歩む」と考え方を変えられた

あや さん
あや さん
自分では変えられないことを思い悩むのではなく、自分で変えられることに意識を向けて人生をつくっていく、自分の幸せを軸に人生を自分事化していくことを学べた。

あやさんの場合、人から評価されることのために働いていたようですが、そのままでは一生他人に自分の人生を譲り渡すことになってしまうと気付いたそうです。
  そして、ポジウィルキャリア利用後はこれからはいい意味で自分のために働こうと考えるようになったようです。

ネガティブ思考をやめ、行動できるようになった

ふるしょう さん
ふるしょう さん
今は考えすぎずに行動することで、見えてくる景色があることを学びました。

ふるしょうさんの場合、石橋を叩いて渡る引っ込み思案で、自動的にどんどん悩みを生産するネガティブな性格でなかなか前に進めない悩みでした。
  ポジウィルキャリアを利用し、自分の人生へ踏み出す歩みが軽くなったことが一番の変化だったと語っています。
  その変化の結果、第一志望の企業の内定を獲得しています。

悩むのではなく、考えられるようになった

TNさん
TNさん
悩むから考えるへ

TNさんは悩むことと考えることは違いますよ!とトレーナーに指摘され、考えて答えを出すことはできても、悩み続けても何にも答えが出ないと気付いたそうです。
  そして、「悩む」のではなく「よく考えた」結果、転職せず現職に留まりました。

確かな成長を感じられた

草野陽夏さん
草野陽夏さん
当初のやりたいことブレブレ人間だった自分を考えると、とんでもない成長です。

自分がどうありたいか(自分軸)を明確にすることで、やりたいことの方向性が定まります。
  草野さんは、ポジウィルキャリアのトレーニングで自分軸を定めることに成功し、起業を構想しました。
  しかし、奇跡的出会いによって「コレだ!」という企業に転職を果たしました。
  もし、自分軸が定まっていなかったらその出会いも有効に働かなかったかもしれません。

職場で良い人間関係を作ることができるようになった

arisaさん
arisaさん
職場で肩身が狭い思いをすることなく、フラットな人間関係を職場でも築けるようになった。

arisaさんの場合、自分のやりたいこと、強みを活かすことができる職場で働けることができるようになり仕事に対するモチベーションが上がった。仕事が楽しくなった。そうです。
  そして、求職者と企業間の相互理解がうまくいった転職だったこともあり、上記の言及になったものと考えられます。

\無料相談はこちらから/

公式サイトに別ウィンドウで遷移します。

ポジウィルキャリアで転職活動に関してこれが良かったという評判

前セクションまでは、どちらかといえばマインド部分の成果や感想でしたが、実務的な部分も少し紹介します。
  ポジウィルキャリアを使った転職活動は、転職エージェントよりもサポートが手厚いのが特徴です。
  転職エージェントは求職者を転職させることで利益を得ますが、ポジウィルキャリアは転職先企業との利害関係が一切ありません(求人は一切紹介しない)。
  そのため、利用者のことだけを第一に考えたサポートができます。

一歩踏み込んだ採用面接の準備を一緒にできる

masamiさん
masamiさん
企業と面談をすると相性が手に取るようにはっきり分かりました。

採用面接の準備は転職エージェントなどの他のサービスでも可能ですが、ポジウィルキャリアではもう一歩踏み込んだ準備が可能です。
  というのも、トレーナーが利用者のことを十分理解したうえでアドバイスをすることができるからです。
  採用面接の準備をするまでには、多くの時間を使い自己分析を実施するため、トレーナーが利用者を十分理解することが可能なのです。
  さらに、ポジウィルキャリアの自己分析では自己理解も進むので、企業との相性が手にとるように分かるようになります。

志望動機を書くのが楽になる

ポジウィルキャリアでは求人の紹介は一切しませんが、ユーザーが見つけてきた求人について、検討や企業分析を一緒にやってくれます。
  また、その企業を想定した面接練習や書類添削も可能です。
  この辺は、トレーナーが元リクルート社員だったりで心配無用かと思います。
  特にポジウィルキャリアを使って転職活動をする最大のメリットは、受ける企業の吟味や企業研究にあります。

TETSUYAさん
TETSUYAさん
好きでもない企業の志望動機などを考えるのが苦痛に感じ転職活動自体を終了し前職の会社に留まろうと判断しました。

上記はTETSUYAさんがポジウィルキャリアに出会う前にした判断です。
  好きでもない企業の志望動機を書く必要がある・・ありがちですよね。しかも何社分も!
  転職エージェントや求人サイトで自分一人で転職活動をすると、このようになりがちです(数打ちゃ当たる!?)。
  しかし、ポジウィルキャリアを使えば、志望する企業をトレーナーと一緒に徹底的に吟味できるのです(ムダ打ちが少ない)。

要は、気に入らない企業に応募しなくて済むということです。
先生
先生
自分が好きで入りたい企業へのラブレターならしっかり書けそうね!
社会人ななみ
社会人ななみ

転職で流される・妥協することから引き戻してくれる

転職活動は大変なので早く楽になりたいと言う気持ちから、つい妥協したり「まあ、これでいいか!」と流されてしまうこともあるかと思います。
  そんな時、ポジウィルキャリアを使っていれば「本当にこれで良いのか?」を確認することができます。

ゆう さん
ゆう さん
『何故その会社を志望したのか』『自分の転職軸とどこがマッチしているのか』(トレーナーに対して)論理的に説明することを求められ、其の度に軸がぶれていることに気が付けたことは本当にありがたかった。

上記のゆうさんの場合、企業のネームバリューに惹かれる傾向があり、トレーナーに質問されることで方向性を誤らずに済んだようです。

先生
先生
以上のように、ポジウィルキャリアは転職や仕事についてメンタル面、技術面の両方からサポートを受けられます。
初回の相談は無料です。少し人生を変えてみませんか?
非公認キャラ
ポジ子

\無料相談はこちらから/

ポジウィルキャリアに関する記事一覧

※引用時に言葉の関係上、語尾などを多少付け足していますが、文意は変わらないようにしています。なお、引用部分は吹き出しの部分です。
※本記事は一部のみの引用なので、オリジナルのnoteを読むことをオススメします。
※オリジナルのnoteへのアクセスはポジウィルキャリアの公式サイトからまとめ記事に移動できます。
※本サイトは(株)ポジウィルより正式なオファーを頂き、POSIWILL CAREER関連の記事を広告の一環として掲載しています。

-ポジウィルキャリア, 社会人の学びと転職
-, ,