社会人のためのIT・プログラミング学習 社会人の学びと転職

【社会人】未経験者がIT業界に転職するために専門学校入学は無駄?

IT系専門学校は社会人には無駄なのか?

社会人が転職のために専門学校で学び直しをするという決断は勇気がいるのではないでしょうか。
  看護師になりたいとかであれば、資格取得のために専門学校に行かざるを得ない・・。
  ですが、ITエンジニアになりたいのであれば専門学校への進学は必須ではありません。
  最近はプログラミングスクールで学んで転職する流れも多いので、正直自分にはどの方法が良いのか悩んでしまいますよね。
  きっと、こんな感じに悩んでいるのではありませんか?

IT系専門学校が正解なのか悩む
※なお、はじめに言っておきますが、IT系専門学校よりもプログラミングスクールが良いという記事内容ではありません。
先生
先生
こんな悩みの解決をお手伝いできたらと思います。
ちなみに筆者は専門学校でプログラミングやWebデザインを教えていた経験があります。

結局、「専門学校か?」「スクールか?」についてはその人次第なのです。
  なので、多くの情報を集めたうえで自分の考えをしっかり持つことが失敗しない秘訣です。
  決して、「世の中の常識」「思い込み」「間違ったイメージ」などで進路を決めてはいけません。

社会人がIT系専門学校に行っても無駄ではないケース

社会人がIT系専門学校に入学したほうがメリットがあるケースは以下の3つが考えられます。

IT系専門学校のメリット

  1. 地方のIT企業に就職したい場合
  2. 仕事を辞めて通学して学びたい場合
  3. どうしても最終学歴を専門卒にしたい場合

IT系専門学校のメリット1 地方のIT企業に就職したい場合

多くのIT企業は首都圏に集中しています。
  プログラミングスクールでも就職先の斡旋をしていますが、そのほとんどが首都圏、大都市の求人です。

一方、どんな田舎の専門学校でも地元企業にある一定のコネを持っているのが普通なので、地方の人が、地元に就職したい場合は専門学校が良いでしょう。
  ただし、田舎に行けば行くほどIT企業はレアになるので、一般的な企業にIT担当のような形で就職することも覚悟しておく必要があります。

先生
先生
企業数が少ないので、「数打ちゃ当たる作戦」は通用しません。

IT系専門学校のメリット2 仕事を辞めて通学して学びたい場合

「新しいことをしっかりと学ぶためには、仕事もやめてじっくりと学ぶべきだ」とお考えの方は専門学校が良いかもしれません。
  例えば、仕事から帰ってきた後や休日にオンラインで学び続けるというスタイルは大変そうで続けられる自信がない・・。
  これは誰しもが思うことで、プログラミングスクールを続けられない理由になり得ます。

先生
先生
専門学校であれば学生証が発行され、学生としての身分が証明されるというメリットもあります。

IT系専門学校のメリット3 どうしても最終学歴を専門卒にしたい場合

これは、高卒の方や大学中退の人が当てはまるかと思います。
  いまだに学歴社会の日本ですから、最終学歴がUPすることは何かと便利であることは間違いないでしょう。
  ただし、IT業界については採用時に学歴を気にしない企業も一定数あるのは事実です。
  例えば、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が出しているIT人材白書2018によると下記のことが言えそうです。

学歴にこだわらないIT企業は専門卒優遇の3倍超

IT企業が重視する学歴の割合
グラフ:IT企業が新卒採用時に重点的に採用した学歴

上図は、IT企業が重点的に採用した新卒IT人材の学歴です。
  学歴にこだわらない企業が全体の約3割で、専門学校卒の3倍超であることが分かります。
  この「こだわらない」には当然ながら高卒・大学中退も含まれるでしょう。
  なおこれは、新卒採用のデータなので中途採用の場合はおそらく「こだわらない」が多くなる傾向になると思います。

ココだけ見ると専門学校に優位性は感じられないね。
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
学歴にこだわらない企業もそれなりにあるので、スキルさえ習得してしまえば就職できそうです。
どうしても学歴という人は大学の情報工学系学部が良いみたいですね。

社会人がIT系専門学校へ行く問題点は?

社会人がIT系専門学校に行くと損したり、無駄になるケースは何パターンかありますが、これも人によって感じ方も変わってくるかと思います。
  ここでは一番問題となるであろうお金と在学期間について解説します。

ITスキルを習得するまでに必要な期間は?

大抵の開発言語は働きながらでも、毎日2〜3時間学習すれば半年以内にマスターできると思います。
  比較的難易度が低いHTML/CSS/JSによるWebフロントエンド開発(Webデザイン・サイト制作)に至っては、半年もやれば相当なレベルになると予想できます。
  なので、専門学校のように2年間以上もこれに費やすのは無駄です。

先生
先生
正直・・習得難易度が低い開発言語を半年で学べないのであれば、ITの仕事は向いてないかと思います・・・
なんか厳しいこと言うなぁ・・
けど、それが現実なんだね。
社会人けんた
社会人けんた

なぜ専門学校はそんなに時間がかかるのか?

IT系専門学校は卒業までに2年以上かかります。
  それは、専門士という資格を授与するためには年間850時間以上、2年以上学ばなければならないことが法令で定められているためです。
  ようするに、ITスキルを学ぶために2年必要という観点ではないのです。
  そのため、授業のペースはかなり遅く、必要性が低いことも学ばなければならないことがあります。

良く言えば、ゆっくりと幅広い範囲を学べるって言えそうだけど・・
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
人によっては遅すぎて時間の無駄だと感じる人もいます。
また、不要だと感じる授業も出席率のために出る必要があるので縛られている感を感じる人もいます。

専門学校の生徒は高校を出て間もない子ばかりです。
  そのため、社会に出るために必要な教育も専門学校には期待されています。
  たとえば、ビジネスマナーや一般教養、奉仕活動・・・・様々な授業があったり、少し休んだだけで担任からの電話応酬にあったりといったことがあります。

先生
先生
社会人経験のある方であれば、この辺は不要で無駄になる部分だと思います。
確かに無くても良いね・・
社会人けんた
社会人けんた

専門学校で長期間学ぶと金銭的問題だけでなくキャリアプランにも影響が出る

一言でいえば専門学校はお金がかかります。しかもかなり高額です。
  たとえば、一人暮らしで専門学校に行こうとすると、生活費を含め卒業までに4〜500万円は覚悟しておいた方が良いかと思います。
  一方、オンライン・プログラミングスクールで学んだ場合、料金は20〜100万円程度なので、就職すればすぐに元を取れる金額と言えます。
  しかも、働きながら学ぶこともできますし、在学期間も短いのですぐに転職して稼ぎ始めることができます。

専門学校とプログラミングスクールの在学期間と料金はこんなに違う。
IT系専門学校だと無職期間が長くなるが、プログラミングスクールならば働きながら学ぶことも可能だし、すぐに転職して稼ぐことも可能。
先生
先生
そして、一番将来を左右するのは在学期間です。
これ、IT業界に行くならすごく重要です!
IT系専門学校とプログラミングスクールでは就業できるスピードが違うので、キャリアデザインも変わってくる
プログラミングスクールであれば短期間で学べ、早く入社してエンジニアとしての実務経験を積むことができる。ただし、短期間である程度のレベルまで学べればの話ではありますが・・。

プログラミングスクールで学べば、IT系専門学校より1年半くらい早く入社できます。
  この1年半の間、「実務経験を積むか」「専門学校で学ぶか」の違いはかなり大きなものになるはずです。
  IT業界ではキャリアアップのために転職を重ねるという傾向があります。
  20代で最初の転職を出来るか・出来ないかはこの辺で変わってくると思います。

キャリアアップのための最初の転職はなぜ20代が良いの?
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
若くてスキルを持ったITエンジニアは転職市場での価値が高いためです。
また、30代にもなると結婚などのライフイベントがあり、身動きしにくくなると言うこともあります。

思ったよりもIT系の資格は就職に役立たない

これも具体的な統計データ(IPAIT人材白書2018)から引用すると、IT企業はIT系資格を採用時にそれほど重視していないことが分かります。

IPA、IT人材白書によればIT企業は資格をそれほど重視していないことがわかる。要するに資格取得は無駄であるとも言える。
新卒採用時に、IT系資格保有を重視するIT企業は思ったよりも少ない。それよりも自主性・積極性・チャレンジ精神など新しいIT技術を積極的に吸収できそうな人材を欲している。

資格を持っていると就職・転職に有利そうだと思いがちですが、採用する企業側はそれほど重視していません。
  上のグラフによると、最も重視されるのは「積極性・自主性・チャレンジ精神」のようです。
  これは、日進月歩のIT技術についていくためには必須能力とも言えます。
  肝心の資格保有については7位で1割程度の企業しか重視していないことになります。
  専門学校は資格保有の優位性を強くアピールしますが、企業の考えとは異なるようです。

思ったよりも資格って就職には役立たないんだね・・
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
専門学校では、資格取得に多くの時間を割きますから、これも無駄と考えられます。
資格を取るよりも、技術力を上げた方が就職には有利です。

あなたにはIT系専門学校・プログラミングスクールどっちが正解?

どちらが正解か?というのは冒頭でお伝えしたように、人それぞれです。
  もちろん、経費と時間がかからないプログラミングスクールで転職できた方が圧倒的に便利です。
  しかし、スクールを続けられずにやめてしまうという事態になったら何もかもが無駄になります。
  また、IT系専門学校を中途退学となった場合はそれ以上に被害甚大になります(履歴書に傷が残る。これは完全にヤバい)。
  失敗できない判断なので、慎重に考えることが重要です。

先生
先生
まずは、無料カウンセリングで心配事を相談しましょう!

IT系専門学校のオープンキャンパスに行く前に、プログラミングスクールの無料カウンセリングを受けてみることがポイントです。
  無料説明会ではなく無料カウンセリングです。←重要
  ようは、スクールの説明や入会案内をするような内容ではなく、「プログラミングを始めてみたい人に対するアドバイス」「キャリア相談」ができるカウンセリングがベストです。
  多少のセールスは受けるかもしれませんが、しっかりとキャリア相談できるプログラミングスクールはいくつかあります。
  例えば、テックキャンプの無料カウンセリングはこのような相談をできます。
  (初めてカウンセリングを受けるなら、転職成功実績が多いテックキャンプが良いです。)

  • 興味はあるけど、自分でもできるか不安
  • どんなキャリアを描けば良いのかわからない
プログラミングスクールテックキャンプの無料カウンセリングで相談できる内容
テックキャンプの無料カウンセリングで相談できること。公式サイトからのキャプチャー画像。
こんな質問は専門学校でもできそうだけど何が違うの?
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
テックキャンプは社会人を多く教えて、エンジニアに転職させた実績がIT系専門学校よりも多いことです。

ポイント

テックキャンプでは、約4年間で3,200人をITエンジニアとして送り出した実績があります。
  この数字は年間約800人に相当しますので、どんなIT系専門学校よりも確実に大きい数字です。
  なお、専門学校ではどんなに社会人出身者が多くても1割程度です。
  普通の学科であれば10人前後かそれ以下だと思います。

先生
先生
ようするに、未経験社会人をIT企業に転職させるノウハウがIT系専門学校よりも圧倒的に蓄積されているということです。
しかも、最近のIT業界の状況を踏まえたノウハウです。
色々なタイプの社会人を見てるだろうから、自分に似ているケースもあるかもしれないね!
社会人けんた
社会人けんた

「専門学校に行くべきか?」「プログラミングスクールで学ぶべきか?」は無料カウンセリングの結果を参考に決めれば良いかと思います。
  その段階でIT系専門学校も気になるならば、オープンキャンパスで同じことを聞いてみるのも良いでしょう。
  いずれにせよ、無料カウンセリングで相談したらいいんじゃないでしょうか?
  無料カウンセリングを受けても何も損はしないはずですから・・
  むしろ、受けることで失敗を防げるんだったらそっちの方が良くないですか?

\目的は相談です。そんなに構えなくても大丈夫/

公式サイトの無料カウンセリング申込ボタン
から予約してくださいね

-社会人のためのIT・プログラミング学習, 社会人の学びと転職
-, ,