幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

社会人のためのIT・プログラミング学習 社会人の学びと転職

【激安】月額サブスク制のプログラミングスクール4社の比較

月額制サブスクリプションタイプのオンラインプログラミングスクール5社の比較
プログラミングスクールってどこも料金が高いのよね・・
もっとお手軽に学べたらいいのにね。
社会人ななみ
社会人ななみ
先生
先生
月額サブスクのプログラミングスクールを使えば、初期投資を抑えられるのでお手軽ですよ!

この記事では、毎月支払いのサブスクリプション(以下月額サブスク)で学べる4つのオンラインプログラミングスクールを比較しました。

比較したプログラミングスクール

※上記スクール名をクリックするとそれぞれ公式サイトへ飛びます(別ウィンドウ)。

私初めてプログラミング学ぶけど、どのスクールも初心者大丈夫?
社会人ななみ
社会人ななみ
先生
先生
この4つのスクールは、プログラミングが全くの未経験の方にも対応できるカリキュラムです。

結論を簡単に述べておくと、料金で選ぶならサムライエンジニアプラスが月額3,278円でぶっちぎりで安いのですが、月額サブスクの4社に関しては学習内容・サポート体制がかなり違うので、慎重に選んだ方が良いです。

月額サブスクで学べるオンラインプログラミングスクール学べる開発言語の比較

学べる言語で選ぶならコードジムマンスリーです。
  世の中で使われている開発言語のほとんどをカバーしているため、何でも学べます。
  また、それゆえに学ぶ開発言語を決めるところから始められます。(無料相談で一緒に考えてくれる)
  カリキュラムは完全オーダーメイドなので、個人に合わせた学習が実現します。

先生
先生
AI開発で人気のPythonについてはサムライエンジニアプラスでも学べるのですが、基礎しか学べないのでコードジムマンスリー正解です。
コードジムマンスリーで学べる
開発言語、フレームワーク、ツール
HTML/CSS3、JavaScript、PHP、CakePHP、Laravel、swift、Python、Django、COBOL、VBA、C言語、C++、C#、VB.net、Ruby、Ruby on Rails、JSP、Servlet、RedHat、シェル、Oracle、mySQL、Next.js、Blockchain、Typescript、Flutter、Dart、Go、Perl、AngularJs、Vue.js、Node.jsなど
数が多いのでいくつか省略しました。
先生
先生
学びたい開発言語が完全に決まっているのなら他の3社でも良いですが、迷いがある場合はコードジムマンスリーで無料相談した方が良いでしょう。
フリークスで学べる
開発言語、フレームワーク、ツール
HTML/CSS、JavaScript、Vue.js、jQuery、PHP、Laravel、Java、spring、mySQL、PostgreSQL、Git
サムライエンジニアプラスで学べる
開発言語、フレームワーク、ツール
HTML/CSS、Ruby、Ruby on Rails、JS、jQuery、SQL、PHP、Laravel、Python、Git
テックパートナーズカレッジで学べる
開発言語、フレームワーク、ツール
HTML/CSS、PHP、Laravel、JS、MySQL、Git

4社の共通点は、Webデザイン・Webアプリのプログラミングをカバーしていることです。
  WebデザインやWebアプリ開発ではHTML/CSS、PHP、Ruby、JavaScriptが主要な開発言語となります。
  なので、Webのフロントエンドエンジニアまたはサーバーサイドエンジニアを目指すならば、4社どこでも可能と言えそうです。
 

月額サブスクで学べるオンラインプログラミングスクール月額(サブスク)料金の比較

月額料金で選ぶならばサムライエンジニアプラスがオススメです。
  30日間の無料体験がついているので、とりあえずプログラミングを学んでみたい方にちょうど良いかもしれません。

先生
先生
低料金な分サポートが弱めなので、オリジナルのポートフォリオを作る予定の人にはお勧めできません(早めのエンジニア転職を考えている人)。
表:月額サブスクのプログラミングスクールの料金(安い順番)
スクール名 月額料金(込)
サムライエンジニアプラス 3,278円
フリークス 10,780円
コードジムマンスリー 24,970円〜
テックパートナーズカレッジ 60,000円

月額:3,278円(込)

上記以外に、入学金や契約解除の違約金等は一切発生しません。
  今回ご紹介のプログラミングスクールでは一番料金が安いです。
  30日間の無料期間があり、十分試すことができます。

月額:10,780円(込)

上記以外に、入学金や契約解除の違約金等は一切発生しません。

コードジムマンスリーの料金プランは3つあります。 違いは直接コーチングの時間と回数になります。

コードジムマンスリーの料金プラン(月額税込み)
ライト スタンダード スタンダードW
コーチ
ング
25分×2回 25分×4回 50分×4回
料金(込) 24,970円 38,280円 65,780円

最低契約期間があり、4ヶ月以内に退会する時は違約金として9,900円払う必要があります。

月額:60,000円(込)※割引あり

上記以外に、入学金や契約解除の違約金等は一切発生しません。
  14日間の無料期間があり、十分試すことができます。
  2種類の割引があり、サポーター割で15,000円割引、女性割で10,000円割り引かれます。
  サポーター割りとは、自分のTwitterやブログで学習状況の発信等をするというユニークな制度です。
  また、学生の場合は月額50,000円で受講できます。

月額サブスクで学べるオンラインプログラミングスクール学習サポートの比較

学習サポート体制で選ぶならば、コードジムマンスリーがオススメです。
  一番の理由はメンターの質になります。
  4社とも現役エンジニアが在籍しますが、コードジムマンスリーについては、メンターのための研修や情報交換が行われており、教える技術についても期待できます

このセクションでは学習サポート体制について、下記の3項目について比較しました。

❶ビデオ通話によるサポートとチャットによるサポートの比較

スクールによりビデオ通話による技術相談およびコーチングの時間・回数が異なり、選ぶポイントの一つですが、チャットサポートの方がコードをコピペできるので実は便利だったりします。

月額サブスクのプログラミングスクール3社におけるビデオ通話及びチャット回数の違い
ビデオ通話
の時間・回数
チャット
フリークス 無制限 無制限
コードジム
マンスリー
月2回x25分
月4回x25分
月4回x50分
※表下参照
無制限
サムライエンジニア
プラス
月1回×45分
※表下参照
掲示板
テックパートナーズ
カレッジ
マンツーマン
レッスン
無制限
※コードジムの場合

プランによります。その他に月1回×25分のコミュニティーチームによるカウンセリングが全プランであります。詳しくは価格表をご参照ください

※サムライエンジニアプラスの場合

マンツーマンレッスンのチケットを毎月1枚もらえるシステムですが、「予告なしに終了する可能性があります」との言及があります(2021/6/11現在)

❷受講者向けイベント・学習会の比較

月額サブスクのプログラミングスクール3社におけるイベント・勉強会などの有無
勉強会・イベントなど
フリークス ・勉強会
コードジム
マンスリー
・Webセミナー
・もくもく会
・交流会
サムライエンジニア
プラス
無し
テックパートナーズ
カレッジ
交流用のオンラインサロンあり

勉強会やイベントがあると横のつながりができる他、モチベーションを保つためのきっかけになります。
  「プログラミング学習は孤独」とよく言われますが、交流があることで孤独感を解消できます。

❸講師・メンターの質の比較

4社ともに現役エンジニアが在籍し、プログラミング技術に関しては充分な講師の質を確保していると言えます。
  その中でも、コードジムが一番良いと思います。
  その理由は、下記の2つです。

  1. 講師採用の基準が厳しい。
  2. コーチング研修があり、横のつながりもある。
先生
先生
要するに、コードジムマンスリーのメンターはプログラミング技術だけでなく、教える技術も期待できるということです。

1.講師採用の基準が厳しい

コードジムではコーチを採用するさいに厳しい基準を設けています。

これまでにプロジェクトをいくつ経験してきているか、マネジメント経験があるか、経験年数、コミュニケーションを取りやすいかなどの視点で厳しく採用基準を設けています。

多くのスクールで現役エンジニアを講師やコーチに採用しているという訴求はありますが、採用基準について言及しているスクールは多くありません。

先生
先生
まあ、現役エンジニアにもいろいろな人がいますからね・・

2.コーチング研修があり、横のつながりがある

プログラミングに関して講師やコーチに必要な能力は、プログラミング技術よりも、教える能力の方が重要だと私は思っています。
  プログラミング技術≠教える能力
  なので、コードジムのように、コーチングの研修があることは、とても重要なことです。
  しかもコードジムの場合、コーチ間の横のつながりが確立されていて、常にコーチングスキルを向上させる努力をしています。

コーチ同士のつながりもあるので、うまくいったこといかなかったことが共有される仕組みが構築されています。

月額サブスクで学べるオンラインプログラミングスクール就職/転職相談・支援の比較

就職・転職支援サポートで選ぶならば、フリークスがオススメです。
  専任キャリアアドバイザーの在籍や求人紹介をしてくれます。

地方在住の人で、地方にいながらテレワークで働くエンジニアになりたいという人はテックパートナーズカレッジで決まりです。
  リモートワーク専用のエージェントを運用しており、卒業生に優先的に仕事を紹介してくれます。

コードジムも就職・転職サポートできるのですが、追加オプションサービスとなり、別途費用がかかります(要問合せ)。

月額サブスクのプログラミングスクール4社における転職・就職サポートの比較
就職・転職支援体制
フリークス 専任キャリアアドバイザーとプロ講師による、求人紹介、就職/転職活動の相談
コードジム
マンスリー
追加オプション
サムライエンジニア
プラス
無し
テックパートナーズ
カレッジ
求人/案件紹介・支援あり。リモートワーク専門エージェントを運用しており、優先的に紹介。

比較の結果一番オススメのスクールはココです

コードジムマンスリー公式サイトのスクリーンショット

サブスク型の最大のデメリットは、期間が決まっていないのでダラダラしてしまうことです。
  その点、コードジムマンスリーでは、現役エンジニアが貴方のスケジュールに合わせて貴方専用カリキュラムを組んでくれるので無駄なく学習できます。
  また、プログラミング学習は挫折が怖いのですが、コードジムマンスリーの場合、挫折による退会者はなんと0%
  これは無理のない学習計画と、優秀なメンターによるものが大きいかと思います。
  料金については一番安いプランで24,970円と月額サブスクの中では中間ですが、半年学んでもプログラミングスクールの相場からすれば安い部類に入ります。
  特にここで推しておきたいことは、無料相談で学ぶ開発言語について一緒に考えてもらえることです。
  言語の選択は、プログラミング未経験の人にとって最初の難関であり、間違えると挫折や就職できない原因ともなりかねない重大なことです。
  ですので、ここで学ぶと決めていない人も一度無料相談で自分の方向性が間違っていないか確認しておいた方が良いかと思います。

\無料相談はココから/

コードジムマンスリー公式サイトTOPへ飛びます

補足:月額サブスクのプログラミングスクールのメリットとは?

プログラミングを月額サブスクで学ぶメリットはザックリと言うと以下の通りです。

月額サブスクのメリット

  • 初期投資が少なくて済む
    お手軽に始めやすい
  • 挫折や都合でヤメたときの金銭的リスクが小さい
    自信が無い人でも試せる
  • カリキュラムを個人に合わせて調整できる柔軟性が高い
    働きながらや最短で学べる

サブスク以外のプログラミングスクールでは学費が20〜60万円程度かかるのが一般的で、途中でヤメても学費が戻ってこないのが普通です。

社会人ななみが驚いて「マジか!」と言う

月額サブスクでは在籍した期間分だけ料金を払えば良いのでリスクが少なくて済みます。

先生
先生
なので、月額サブスクは利用者に対してフェアなスタンスだと言えます。
スクールやプログラミングが合わなくて途中でやめても、安心ってことね!
社会人ななみ
社会人ななみ
先生
先生
また、月額サブスクだからといって、質が悪いということもありませんので試す価値はあると思います。

プログラミングスクールの関連記事

-社会人のためのIT・プログラミング学習, 社会人の学びと転職
-, ,

© 2021 進学羅針盤