幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

社会人の学びと転職

未経験者がITエンジニアに転職するためには学んでからが良い?どう学べば良いか?

IT未経験者が転職するためには事前にITスクールで学ぶべき
ITを学ぶためには、まずやってみることが良い

結論から言うと勉強してからの方が良いです。
  この記事では、IT未経験者が学んでからIT業界に転職した方が良い2つの理由と学び方について解説したいと思います。

IT未経験者は勉強してから転職した方が良い2つの理由

IT勉強してから転職した方が良い理由2つ

  1. 完全未経験者の求人は少なく、リスクが隠れているかもしれないから
  2. 仕事を始めてから合わないことに気づく可能性があるから

IT勉強してから転職した方が良い理由1 完全未経験者の求人は少なく、リスクが隠れているかもしれないから

コロナ禍でIT業界への人材流入が多い

そもそも、未経験OKなITエンジニアの求人は少ないです。
  そこに、コロナ禍により他業種からの人材流入が増えており、競争が激化しています。
  (株)マイナビが報告している「新型コロナウイルスが転職市場に及ぼす影響」によれば、新型コロナウイルス影響下での人気業種は『IT・通信・インターネット』 が28.0%で最も高いという結果です。
  さらに、求職者は『職種・業種未経験可』の求人に応募しており、企業側は『職種・業種未経験可』の求人を減らしている傾向と報告しています。

コロナ禍によって未経験者の求職活動は厳しくなっている

全くの素人でも受け入れる企業は注意が必要

とくにITエンジニアの仕事で企業が未経験者を採用するメリットはありません。
  技術を持たない技術者を採用するわけですから、教育コストがかかるだけでなく、将来的に使える人材になるかも不透明です。
  にも関わらず、未経験者を採用する理由は人材不足だからです。
  人材不足の理由が「辞めてしまう人が多い」という場合、雇用環境に何らかの問題を抱えている可能性があり、入社してしまうとリスクを伴う可能性があります。

人の出入りが多い企業は未経験者優遇の求人を出す可能性が高い

とは言え、まずは未経験者でどのような求人があるかを知っておくのも必要なことかもしれません。
  具体的な求人を入手できれば、ネットで企業の口コミなんかを参考にできるかと思います。

先生
先生
もし学ばずに未経験でSE・プログラマー・ITインフラエンジニアに転職をお考えなら良いサービスがあります。

IT未経験者を支援する「ウズキャリIT」

ウズキャリITについて

ウズキャリITの公式サイトスクリーンショット
出典:ウズキャリIT公式サイト

SE・プログラマー・ITインフラエンジニアに転職したいIT未経験者の支援をしているキャリアコンサルティングサービスです。
  利用料金は無料で、転職活動と並行してある程度ITの勉強もできます。
  また、ブラック企業を排除しているという宣言をしているので安心できます。
  ただし、年齢が20代であることが利用条件となっています。
  アナタにとって未経験からのIT転職はどのようなものなのかを知るうえでも無料相談は価値があります
  また、学び始める前にIT企業のリアルな求人動向を知ることもできると思います。

無料相談からキャリアプランを考え始めよう! /

別ウィンドウで公式サイトが開きます。
無料会員登録で無料相談ができます。

先生
先生
異業種への転職は勝手がわからず戸惑うものです。
ましてや初めての転職であれば誰かに相談した方が気持ち的にも楽になるはずです。

IT勉強してから転職した方が良い理由2 仕事を始めてから合わないことに気づく可能性があるから

先生
先生
特にITエンジニア系の仕事は合う合わないがハッキリします。

私はプログラミングやクリエーティブ系の技術を教えていました。
  教えた学生の中には明らかにプログラミングという作業が合わないと思われる人もいました。
  そのような人は就職が難しかったり、就職してもすぐに辞めてしまうことが多かったです。
  これについて厄介なことは、本人がそのことに気づいておらず、「プログラミングは将来有望」という視点のみで学んでいるケースがあることです。

先生
先生
仕事として続けられることが大切です。
少し学ぶだけでも自分が続けられるかある程度の判断がつくと思います。

例えばプログラミングやWeb制作のオンラインスクールでは無料体験ができます。
  1週間以上の無料体験ができるスクールで試してみれば、ある程度自分に合うか判断がつきます
  プログラミングの無料体験については、「まともな無料体験ができるプログラミングスクール5選と比較」という記事で書いていますので、不安がある人は参考にしてください。

関連記事
オンラインでプログラミングの無料体験ができるスクールの比較とオススメ
【社会人】まともな無料体験ができるプログラミングスクール5選と比較

続きを見る

転職を前提としたIT未経験者の勉強方法ITスキルは独学でも習得可能だが、スクールで学んだ方が転職の近道

正直、プログラミングに限らず、Webデザイン、動画編集などのスキルは独学で学べます。
  例えば、YouTubeにはそれらのスキルを学べる動画が多数存在しますし、ググれば大抵のことは調べられます。
  ですが、独学で学ぶと挫折や三日坊主になることが多いのも事実です。
  また、専門学校でも学ぶことはできますが、高額な学費と期間を考えると非常にコスパが悪いので社会人にはオススメできません。

IT学ぶのに、独学は挫折しやすい。専門学校はコスパが悪い。
ITの学習は完全独学では挫折しやすい。社会人には専門学校はコスパ悪すぎるのでオススメできない。
先生
先生
なので、ITスクールの利用がベストな選択と言えます!

ITエンジニア転職のために、ITスクールで学ぶことがベストと考えられる理由は3つあります。

転職にITスクールがベストな理由

  • 転職支援を受けられるから
  • ポートフォリオが必要になるから
  • 業務スキルを習得できるから

 転職支援を受けられるから

普通、異業種への転職活動は勝手がわからず困惑すると思います。
  ほとんどのITスクールではキャリアアドバイザー等何らかの転職サポート体制が整っています。
  また、IT業界への転職は自分のスキルをいかに証明するかがポイントになってくるので、ITの知識や技術を持つ人からのアドバイスは効果的です。

 ポートフォリオが必要になるから

ポートフォリオとは実際に自分が作ったオリジナルアプリやサービスの作品集のことで、これを提示することで自分の技術水準を企業側にアピールすることができます。
  ポートフォリオの提出はプログラミング、WEB制作、動画編集、CG分野での転職をするためには必須となっており、企業が人材採用で重視するポイントです。
  良いポートフォリオの作成には知識や技術を持った人からのアドバイスが必要ですので、これがスクールで学ぶ一番の価値と言えます。

 業務スキルを習得できるから

例えばプログラミングの仕事では、プログラムが書けるだけでは仕事になりません。
  チームで開発するためのツールや方法、仕様書の読み書き、テスト方法などプログラミング技術以外に必要なことは多くあります。
  多くのITスクールでは、このような業務に付随するツールやノウハウについても学ぶことができます。

先生
先生
上記の3つはITスクールを選ぶときのポイントにもなります。

ITスクールでの学び方のスタイルと選び方

ITスクールでの学び方のスタイルと選び方1 オンラインか通学制か?

IT業界で働くのであればオンライン学習が良いでしょう。
  なぜなら、IT業界はテレワーク普及でオンラインでの働き方が浸透している業界だからです。
  ただし、現在離職中の方であれば、通学制スクールで短期集中で学んでしまうということもアリかと思います。
  なお、サーバーやネットワークなどの「ITインフラ」を学ぶ場合は、実機を触る必要があるので通学制を選択することになります。

ITスクールでの学び方のスタイルと選び方2 学費と転職までの期間でスクールを選ぶ

先生
先生
学費については知らないと損をする場合があります!

ITスクールを「学費」「転職までの期間」で考えると下記の5パターンに分類されます。

学費と転職までの期間5パターン

  1. マイペースで学べ、金銭リスク少ない月額サブスクで学ぶ
  2. 給付金で学費の最大70%をまかなえる国認定スクールで学ぶ
  3. 転職斡旋付きの無料スクールで学ぶ
  4. 転職保証付きのコースで学ぶ
  5. 上記以外

1.マイペースで学べ、金銭リスク少ない月額サブスクで学ぶ

月額サブスクで学ぶ
転職までの期間:自分のペースで決める
先生
先生
月額サブスクは毎月定額を支払うタイプのスクールです。月1万円程度から始められるスクールもあります。
メリット
  • 使った分だけ払えば良いので、途中でやめたり、方針転換しても損失が最小限で済む。
  • 受講期間は自分で決められるので、マイペースで学べる。
  • 早くマスターすれば結果的に安く学習でき、すぐ転職できる。
デメリット
  • 尻が決まっていないので計画的に学習しないとダラダラと長い期間がかかる。
  • スクール数が少ない。

もっと詳しく

月額サブスクのプログラミングスクールについては【激安】月額サブスク制のプログラミングスクール3社の比較で詳しく解説していますので気になる方は是非読んでみてください。

2.給付金で学費の最大70%をまかなえる国認定スクールで学ぶ

給付金使って認定スクールで学ぶ
転職までの期間:1〜9ヶ月(4ヶ月が多い)
先生
先生
基本的に2年以上雇用保険の被保険者(離職から1年以内)であれば働きながらでも使えます。
最大56万円の給付を受けられます。
メリット
  • 受講料金の70%まで給付金でまかなえるので、高額なコースに申し込める。
  • 国が認定しているスクールなので、信頼できる。
  • 給付金の趣旨が就業支援なので、転職成功しやすい。
デメリット
  • 手続きがめんどう。早めに手続きが必要。
  • 認定スクールじゃないと対象にならない。
  • 初心者が学べる認定スクールの数は少ない。
  • 出席を厳密に管理されるので大変

もっと詳しく

給付金についてや対象スクールの一覧・比較は「受講料の最大70%の給付金!初心者OKのプログラミングスクール比較」で解説していますので気になる方は是非読んでみてください。

3.転職斡旋付きの無料スクールで学ぶ

無料で学んで仕事も紹介してもらう
転職までの期間:3ヶ月が多い
先生
先生
完全無料で学習できるスクールと、転職成功で学費が戻ってくるスクールがあります。
メリット
  • ほぼ確実にITエンジニアとして転職できる。
  • 完全無料なことが多い。学費(補償金)を払う場合もそれほど高額ではない。
  • ほとんどのスクールが未経験者を対象としている。
デメリット
  • スクールの紹介で就職する必要があり、企業選択の自由度は低くなる。
  • 就職先は東京など都市部に限られる
  • スクール数が少ない

もっと詳しく

無料ITスクールについては【転職】IT未経験者が無料で学べるプログラミングスクールとは?でスクールの一覧を見ることができる他、解説・比較をしています。是非読んでみてください。

4.転職保証付きのコースで学ぶ

転職保証つきコースで学ぶ
転職までの期間:2.5〜10ヶ月
先生
先生
転職保証をしてくれるコースなので、サポートが手厚いのが特徴ですが、スクールも本気で迫ってくるので、受講者側も覚悟が必要です。
メリット
  • 転職できなければ返金される(条件あり)。
  • 転職成功率が非常に高い。
  • 就職サポートが充実している。
デメリット
  • 料金が高い。
  • 学べる開発言語の選択肢が少ない。

もっと詳しく

転職保証があるスクールとコースについては【初心者】転職保証付きプログラミングスクールとは?一覧と比較で解説しています。是非読んでみてください。

5.上記以外

一般的なスクールで学ぶ
転職までの期間:選んだコースによる
メリット
  • スクールの選択肢が多い。
  • 学べる開発言語の選択肢が多い。
  • 料金も安いものから選べる。
先生
先生
上記1−4に気になる点が無かった方は、学び方について考えたり、スクール選びの前にまず体験してみるとイメージがつかめるかもしれませんね。

もし、プログラミングの体験をしてみたい場合は、【社会人】まともな無料体験ができるプログラミングスクール5選と比較が参考になると思います。

色々悩んで先に進まないという人はテックアカデミーを一度見てみたらいかがでしょうか?
  テックアカデミーはプログラミングだけでなく、動画編集・Webデザイン・マーケティングなど幅広い内容を学べます。
  メールアドレスを入れるだけで、コースの説明動画を見ることができるのでとても勉強になります。
  メールアドレスを入れるとメルマガは最初のうちだけ届きますが、しつこくはありませんでしたよ。

-社会人の学びと転職
-, ,

© 2021 進学羅針盤