保護者向け 受験と対策

【2021年版】勉強に最適!スタンディングデスクのオススメ商品と選び方

スタンディングデスク(立ち机)で勉強中の眠気防止と集中力UP
スタンディングデスク(立ち机)で勉強中の眠気防止と集中力UP?

スタンディングデスクとは

学校や仕事から帰ってきてからの勉強・・疲れているので身が入らないとか、眠くて勉強できないなんてことありませんか?
  そんな時に役立つのが「スタンディングデスク」です。
  スタンディングデスクとは、「立ち机」とも呼ばれ、文字通り立って使用するものです。
  この、スタンディングデスクには、いくつかのタイプがあり、適切なタイプを選ぶことにより効果を最大に発揮できます。
  この記事では、勉強に使うスタンディングデスクの選び方とオススメ商品をご紹介します。

スタンディングデスクでの勉強は効果が期待できるのか?

スタンディングデスクを活用した勉強では下記のような効果を期待できます。

スタンディングデスクのメリット

  1. 勉強中の眠気防止効果
  2. 集中力のUP
  3. 学習効果の向上
  4. 足のむくみ防止効果
  5. 疲労の軽減効果

上記のスタンディングデスクのメリットについては科学的な根拠があります。
  その根拠については「勉強にスタンディングデスクの効果はアリ。その科学的根拠とは」という記事で詳しく解説していますので気になる方は読んでください。

関連記事
 

スタンディングデスクで勉強する時はずっと立ったままではなく、「立つ・座るの交互を繰り返す」ことによって、メリットが最大化することが科学的に分かっています。
  具体的には60分のうち、10〜20分間は立って、残りの時間は座って勉強するのがパフォーマンスが上がるようです。
  もちろん、眠気や気分、体調によってこの時間は変わってきますので必要に応じて「立つ・座る」の動作を調整する必要はあります。

ポイント

「立つ・座るの交互」を行うためには、使用中に机の高さを簡単に変える事ができるタイプが勉強に適していると言えます。

スタンディングデスクの種類と選び方

スタンディングデスクの種類は大きく分けると、高さが固定のものと上下昇降ができるものがあります。
  昇降式のスタンディングデスクは天板を低くすることで、普通の座って使う机としても使用できます。
  また、昇降式のスタンディングデスクは昇降装置の方式により3種類に分類できます(表1)。

表1 スタンディングデスクの種類
スタンディングデスクの種類 オススメ
1.高さ固定式 ×
昇降式 2-1.手動 ×
2-2.ガス圧式
2-3.電動式

1.高さ固定式

高さ固定式のスタンディングデスクの例を見る

高さ固定式のスタンディングデスクは、自分の体型に合った高さに調整ができないのでオススメできません。
  例えば、上記の例では高さ100cm固定ですが、私の体型(身長168cm)の場合105cm位がちょうど良いと感じています。

先生
先生
「立つ・座るの交互」で勉強するならば昇降式スタンディングデスクの必要があります。

2.手動昇降式

手動昇降式はハンドルを回して上下させる。この写真の商品の場合、1回転で1cm動くので、「座る・立つの交互」で勉強しようとすると毎回20回転以上回す必要がある。
手動昇降式の例を見る

手動昇降式の魅力は価格が安い商品があることが挙げられますが、メーカー品だと電動式とそれほど価格差はありません。
  ハンドルで上下する商品のほかにロックを解除して天板を手で持ち上げるタイプのものもあります。
  ちょっとした手間ですが、これが毎回となると面倒くさくなることは間違いないので、電動式をオススメします。

先生
先生
テーブルの高さを変えるたびに集中力が切れてしまうのは本末転倒です。

コストを抑えたい等の理由で手動式が欲しい場合はAmazonで一番売れている手動式スタンディングデスクが良いかと思います。

3.ガス圧昇降式

ガス圧昇降式の例を見る

ガス圧昇降式はレバーを引くだけで簡単ワンタッチで高さを高くできますが、下げる時は天板に力を入れて押し下げる必要があります。
  背が低い人や非力な人は高さを低くするときに苦労するかもしれません。
  また、ガス圧式は天板の耐荷重が手動式・電動式に比べて著しく低いため、重いものを置けないというデメリットもあります。
  ※上記の写真の商品は耐荷重10kgに対し、前述の手動式や後述の電動式は50-60kg。

先生
先生
価格は電動式とそれほど大きな差はないので、電源が取れないという事情がある場合を除き、電動昇降式が良いかと思います。

ガス圧式が欲しい人は

電源が取れないなどの理由でガス圧式のスタンディングデスクが良いという人はサンワダイレクトのガス圧式スタンディングデスクから選ぶことになるかと思います。
  実はガス圧式は選択肢があまりありません。

4.電動昇降式

電動昇降式スタンディングデスクの操作部。
電動昇降式の例を見る

電源が必要なことがデメリットですが、機能的に見ると電動昇降式が一番のオススメです。
  何といってもボタン一つで設定した高さに上下するので集中力が途切れることなく直ぐに姿勢を変えて勉強を続けられます。

電動昇降式スタンディングデスク特有の機能

電動昇降式のスタンディングデスクを選ぶなら下記の2つの機能が搭載された機種が便利で安心安全です。

ポイント

  1. 高さのメモリー機能
  2. 衝突感知センサー

電動昇降式のスタンディングデスクの一部には高さを記憶する機能(メモリー機能)があります。
  この機能を使うと、毎回記憶した高さにボタンひとつで調整してくれるので、全く手間がかかりません。
  ただし、メモリー機能を有する電動式スタンディングデスクはボタン一つで勝手に上下してしまうので、椅子の肘掛等に引っ掛かった場合、事故につながる恐れがあります。
  衝撃検知センサー搭載モデルでは、何かに当たった場合に直ぐに逆転動作し事故を防ぐことができるため安心です。

先生
先生
繰り返しになりますが、電源が取れないという場合以外では、電動昇降式がオススメです。

勉強用にオススメできる電動昇降式スタンディングデスクの紹介

このセクションでは電動昇降式のスタンディングデスクを2つご紹介します。
  なお、ご紹介するモデルは高さメモリー機能や衝突感知センサーを搭載しています。

オススメのスタンディングデスク

※上記クリックで一気にスクロールします。

勉強にオススメの電動昇降式スタンディングデスク1 標準的機能でお手頃価格のモデル

Sunon
電動式昇降デスクS56WH

 Sunon 電動式昇降デスクS56WH

Amazonレビュー評価:(2021.8.5)

スペック概要

  • 天板サイズ:幅120×奥行60cm
  • 高さ範囲:70.5〜119cm
  • カラー(3色):ナチュラルオーク、ホワイト、ブラック

※詳細は商品販売ページでご確認ください。

おすすめポイント

  • 何といってもコスパが最高に良い商品です。
  • 耐荷重が約100kgと他のメーカー品よりも頑丈に作られています。
  • 操作部にUSBポートを搭載しているため、スマホの充電等に使え便利です。
  • 保証期間が3年間もあるので安心です。

価格と購入情報

実売価格帯
3万円台〜
価格調査日:2021/8/5

ポイント

この商品はAmazonと楽天がお得なようです。ポイント付与率は考慮してません。

※価格は変動します。下のボタンを押して確認してください。別ウィンドウで開きます。

↑Amazon's choiceです。
↑ヤフーショッピング内での検索結果。
↑メーカー公式(楽天で最安)
先生
先生
この商品は楽天で一番売れた実績のある電動昇降式スタンディングデスクです。

勉強にオススメの電動昇降式スタンディングデスク2 引き出し付きの多機能モデル

パイズピークPYKES PEAK
電動式上下昇降デスクS-200

 電動式上下昇降デスクS-200

Amazonレビュー評価:(2021.8.5)

スペック概要

  • 天板サイズ:幅120×奥行60cm
  • 高さ範囲:70〜119cm
  • カラー(4色):ウォールナットブラック・ホワイト・ブラック・メイプルホワイト

※詳細は商品販売ページでご確認ください。

おすすめポイント

  • 安心の日本メーカー製です。
  • 操作部にUSB充電ポート(3個うち1つはType-C)を搭載しているため、スマホ・タブレットを同時充電できます。
  • 引き出し付きなので、机の上が片付いて勉強に集中できます。(引き出し付きはかなり珍しいです)

価格と購入情報

実売価格帯
5万円台〜
価格調査日:2021/8/5

ポイント

この商品はクーポン適用でAmazonがお得なようです(2021/8/5日現在)。

※価格は変動します。下のボタンを押して確認してください。別ウィンドウで開きます。

↑1万円OFFクーポン適応可能。
↑ヤフーショッピングの公式ショップ(最安)。
↑楽天の公式ショップ(最安)。
先生
先生
Amazonでクーポンを適用すると他のサイトでゲットできるポイントを考慮しても一番お得です。

スタンディングデスクをレンタルで試してみる方法もある

普通、立って勉強するスタイルが自分に合うかどうか分からないと思います。
  また、受験勉強や資格試験の期間だけスタンディングデスクで勉強したいという人もいるかと思います。
  そのような人にオススメなのが、レンタルや今流行のサブスク(サブスクリプション)で借りて試すという方法です。

例えば「CLAS(クラス)」というサイトでは月々3,480円でスタンディングデスクを借りることができます。
  レンタル対象の商品は電動昇降式でメモリー有りのタイプとなります。衝撃感知センサーも搭載しているので安心です。

レンタルできるスタンディングデスク例
出典:CLAS(クラス)

CLAS(クラス)」の場合、最短レンタル期間が3ヶ月に設定されていますので、3ヶ月借りて返す場合下記のような金額になります。
  (月のレンタル料×3ヶ月分)+返却手数料
(3,480×3)+4,400=14,840円
  レンタル料は最初の2年間は4,400円/月ですが、2年目(25ヶ月目)以降は50%OFF、3年目(37ヶ月目)以降は80%OFFとなります。なので、金額としては
  2年間レンタル:41,760円
2年間レンタル:83,520円
3年間レンタル:104,400円
※返却手数料は含まれません。
  長期間使うのであれば初めから購入してしまった方がお得な感じです。
  受験勉強期間だけ(例えば1年とか半年)利用するのであれば断然レンタルがお得です。
  返却のタイミングは3ヶ月目以降であればいつのタイミングでも返却できますが、レンタル期間に応じて返却手数料がかかります。

表:スタンディングデスクレンタル料金(CLAS)
↓レンタル料/月
24ヶ月目まで 3,480円/月
25ヶ月目〜 1,740円/月
37ヶ月目〜 696円/月
※注意
最短レンタル期間は3ヶ月です。利用開始後3ヶ月以内の交換・返却の場合は、 残り期間分の利用料と返却手数料が掛かります。
表:スタンディングデスク返却手数料(CLAS)
↓返却手数料
12ヶ月目まで 4,400円
13ヶ月目〜 2,200円
25ヶ月目〜 無料

なお、製品の詳細は公式サイトをご覧ください。

公式サイト

勉強をする環境を適切に整える事で、効率よく勉強できるようになりましょう。
  例えば、「1日1分」だけでも今まで以上に集中できれば「年間で360分」も余計に集中できたことになります。
  また、座ったままで長時間過ごすのは体にも良く無いので気分転換がてら立って勉強するのも良いのでは無いでしょうか?

勉強用机・イスに関する記事一覧

TOPページに戻る

-保護者向け, 受験と対策
-,