進路選択からキャンパスライフまでを漫画で解説。全ての世代の学びをサポート。学びの最終目標はより良い人生を送ること!

進学羅針盤

保護者向け 受験と対策

集中力35%向上のイス、アーユル・チェアーで受験勉強対策とその評判

更新日:

集中力、腰痛、姿勢に良いとされているアーユルチェア
マンガ① アーユル・チェアーは変な形だけど集中力に効果あり?

この記事では、特殊な機能を持つ画期的なイス「アーユル・チェアー」の機能や評判について書きたいと思います。

  • 集中力の向上が認められ、学習効果が期待できる
  • 姿勢が良くなる
  • 腰への負担を軽減し、腰痛対策

このイスは学校や学習塾、企業のオフィスなど数多くの導入実績があり、評判は全般的に良いようです。
  受験勉強をしている皆さんで、イスに長く座ると集中力が切れる。腰に問題を抱えているが、勉強のため長時間座る必要がある人は、試す価値があるかもしれません

集中力が向上するという実証データ

集中力の向上はどのように数値化するのか
マンガ② 集中力の向上はどのように数値化するのか

メガネショップの『J!NS』は店舗が多いので、メガネをかけない人も見たことはあると思います。
  そのJ!INSが開発した「J!NS MEME」というコンピュータ内臓のいわゆる「ウェラブルデバイス」を使用することにより、集中力を数値化できます。

けんた
集中力って具体的にどうやって数値化してるの?
メガネ型のウェラブルデバイスを使用して、目やまぶた、頭部の動きを調べます。
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生

簡単に言えば、集中している人はじっとして動かないので、メガネに内臓されている加速度センサーで動きをモニターすれば集中度を把握できるということです。
  他に、集中するとまばたきの回数も減るので、メガネでまばたきの数を測定すれば集中力を判定できます。

アーユル・チェアーを使った集中力についての実験

アーユル・チェアーを使用すると、理想的な姿勢で座り続けることができるので、集中力が維持しやすいというメリットがあります。
  実際に先ほどのメガネ型ウェラブルデバイスで集中力を測定したそうです。
  実験は、オフィスワーカー10人を対象として2週間実施されました。
  その結果、集中できる時間が35%増加したという結果となりました。
  具体的には、普通のオフィスチェアを使用した場合、就業時間8時間のうち2時間集中できているのに対し、アーユル・チェアーを使用した場合、2時間40分に集中できる時間が増加したそうです。
  この実験について気になる人は「実験の詳細 」をご覧ください。別ウィンドウで開きます。

アーユル・チェアーとはどんなイスなのか?

大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
外見上の特徴は「座面形状が特殊で小さい」、「背もたれが低い位置で面積が小さい」でしょうか。
図1 アーユル・チェアーの座骨座り

アーユル・チェアーの特徴は「座骨で座り、骨盤を立てる」という座り方で、姿勢が良くなり、それに伴い集中力も向上します(図1)。
  普通の椅子に座っていると、下図(図2)のような座り方になっていることはありませんか?

図2 椅子に座る時のダメな姿勢例

私の場合は図2の「ズルッと座り」になりがちで、時間が経つと背中や腰に疲労感を感じ、集中力が途切れることが多い気がします。
  しかし、アーユル・チェアーの場合、座面が通常のイスよりも3分の1ほどしかなく、ゆったりと座る感じではないので「ズルッと座り」をすること自体不可能です。
  アーユル・チェアーを一言で表現するのならば「強制的かつ自然に姿勢良く座らされる」といった感覚でしょうか?

アーユル・チェアーの評判まとめ

アーユル・チェアーの公式サイトでは「1週間の無料モニター 」として貸し出しを行なっています。
  無料モニター利用者アンケートの回答が掲載されていますが、いくつか文を抜粋すると‥

購入しなかった人のアンケート回答
  • お尻が痛くなって長時間座れなかった。
  • 腰痛の悪化を防げそうだが、高額なので購入に踏み切れない。
  • 一緒に使う机の高さに合わない。

アーユル・チェアーがダメだという評判に関しても、メーカーから何らかの改善方法についてのコメントがついています。メーカーとしては「この椅子は使い方がありますよ」ということのようです。
  次にモニター後購入した人のアンケートについて見てみましょう。

購入した人のアンケート回答
  • ほとんど立ち上がらずに目の前の仕事に集中でき、我ながらびっくり。
  • 姿勢の改善ができ、腰痛防止につながると思った。
  • 子ども用にモニター申込をして、明らかに姿勢はよくなり、座り心地も良いようですぐ気に入っていた。

集中力が向上したという評判の他に、腰痛に関する評判の良さが目立つようです。

また、ネット上におけるアーユル・チェアーのレビューや口コミで目立つものをまとめると以下のような意見が目立ちます。

ネットのレビューと口コミ
  • 慣れないとお尻が痛くなる。
  • 腰痛が改善した。
  • 姿勢が良くなった。
  • 仕事・勉強に集中できる。
  • 肩こりが改善した。
  • コンパクトで場所を取らない。

全体的にネガティブな評判で目立つのは「お尻が痛くなる」ということのようです。
  商品のコンセプトは「座骨座り」なので、座面に接する面積が少なく、体圧が座骨付近に集中しやすい性質があるようです。
  しかし、大抵のレビューでは最初の1週間を乗り切ると慣れてきて、お尻の痛みは落ち着くようです。
  公式サイトの見解では「なるべく30分~1時間に1回は立ちあがったり、アーユル・チェアー専用の体圧分散マット(図3)を併用してください」とのことです。
  勉強での集中力に関する記事「勉強にスタンディングデスクの効果はアリ、その科学的根拠とは」でも書きましたが、どんなイスでもずっと座りっぱなしは悪いです。
  ですので、立つと座るをインターバルしたり、こまめに休憩を入れるのが望ましいでしょう。

図3 アーユル・チェアー専用 体圧分散マット

また、痺れなどの体の違和感を感じる例では、座面高さや机の高さが適切でない場合や座り方自体に問題があるケースが多いようです。
  アーユル・チェアーでは確実に正しい座り方(図4)をしないと効果が出ないようです。

図4 アーユル・チェアーの正しい座り方

メモ

キャスターは邪魔?
子供用にアーユル・チェアーを検討している人で、キャスターは要らないと考えている人は結構いるのではないか思います。アーユル・チェアーにはキャスターが付いていないモデルやスツールタイプ、座椅子タイプなどラインナップが豊富です。
  しかし、勉強用に使用するのであればキャスター付きか「丸ベースタイプ ルナ」をオススメします。
  理由は座面の高さ調整が必要だからです。スツールタイプは安いのですが座面高さの調整ができません。
  キャスター付きで椅子が自由に動いてしまい集中力に影響があると考える場合は、オプション品の「ストッパー付きキャスター」に交換することにより、椅子が自由に移動しなくなります。
  ちなみにストッパー付きのキャスターが付いている椅子は珍しいです。
丸ベースタイプのアーユル・チェアー「ルナ」
安定性を求める人、子供の学習向け。オプション品で足置きを取り付けられるため、小学生のような身長が低い子供に最適足置きをつけると身長100cmから使用できる
スツールタイプのアーユル・チェアー
安いのですが勉強用にはオススメしません

アーユル・チェアーの導入実績がすごい

集中力向上の実証データがあるためか、学習塾や学校での導入実績が豊富です。その一部を挙げると‥

アーユル・チェアーの導入実績
  • 慶應義塾高等学校
  • 成蹊大学
  • 文教大学付属小学校
  • 早稲田アカデミーIBS
  • ドコモ・サポート株式会社
  • DeNA
  • その他、(海外もある)

アーユル・チェアーを導入した教育機関での評判はおおむね良好のようです。

導入実績について気になる人は下記のリンクから公式サイトをご覧ください。

導入実績の詳細を見る

無料モニターの注意点

アーユル・チェアーの公式サイト では、無料モニターとして1週間アーユル・チェアーを借りることができます。
  比較的効果な買い物で、自分に合う商品か不安な人にとっては嬉しいサービスですがいくつか注意点があります。
  購入を前提としたものではないので、1週間試したらアンケートを記入し、返却しなければなりません。
  気に入ったからといって、モニター用の商品をそのまま買い取ることができません
  また、モニター商品の往復の送料は自分もちになります。大きめな商品なので4・5千円かかることもあります。
  ちなみに、モニターした人の80%以上の人が注文をしているというすごい商品です。それを考えるとモニター品の送料がもったいない気がします。

図5 無料モニターで送付されるもの

無料モニターの詳細は下のボタンからどうぞ

アーユル・チェアーの賢い購入方法

アーユル・チェアーの購入は公式サイトが一番お得に
  アーユル・チェアーはAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでも一応取り扱いはあります。
  どこで買うのがお得かというと「アーユル・チェアー公式サイト 」みたいです。
  その理由ですが・・
  一番売れ筋であろう「アーユル・チェアー キャスタータイプ オクトパス 」で価格を比較すると、ポイントを含め明らかに公式サイトがお得です(表1)。

アーユル・チェアー キャスタータイプ 「オクトパス」
→アーユル・チェアーでは標準的な商品と思われる。ブラック・ベージュ・レッドのカラーバリエーションがある。
表1 アーユル・チェアー価格とポイント比較
表内のリンクは各サイトの商品ページにリンクしています
  価格(込) ポイント
公式サイト ¥51,840 2,592pt
Amazon ¥51,840 0pt
楽天 ¥51,840 515pt*1
Yahoo! ¥63,208 3160pt*2
※1 1倍の場合。楽天カードを使って3倍になったら1,545pt
※2 PayPayボーナスライト(5%の場合)¥2,528+Tポイント632pt

ショッピングサイトのうち楽天が公式サイトよりお得になる可能性がありますが、ポイント倍率が6倍以上にならないとお得になりません
  ヤフーショッピングについては「5のつく日」などの特典を使っても販売価格が大幅に高いためオススメできません。
  公式サイトで発生するポイントをオプション品の「体圧分散マット 」の購入(4,104円)の足しにするのはいかがでしょうか。

最高に集中できる勉強環境

私が考えるベストな勉強環境は、直接的にはイスと机の性能と調整にあると考えています。
  アーユル・チェアー以外の普通のイスについては「集中力継続の秘訣。受験勉強用のイスの選び方」に書いたとおり、座面の上下、前後の調整などが欠かせません。
  その点で言えば、アーユル・チェアーの場合は座面の高さの調整のみが基本となるので、楽なのかもしれません。
  また、価格の点で言えば、きちんと調整機構を持ったイスは基本的に高価なので、むしろアーユル・チェアーはこれだけの機能を持っているので安いのかもしれません。

大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
イスだけでなく机も重要ですよ!

イスで正しい姿勢を保ち、集中力が向上するとしても、机の高さが不適切であれば結局疲労や体の違和感に繋がるのではないでしょうか。
  昇降式のスタンディングデスクという机を利用すると、さらなる集中力の改善や勉強の効率化を図れるかと思います。興味のある方は下記の記事をご覧ください。

アーユル・チェアーが気になる人は下記のボタンから公式サイトを見てください。もっと詳しい情報があります。


 

-保護者向け, 受験と対策
-,

Copyright© 進学羅針盤 , 2019 All Rights Reserved.