幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

社会人の学び直し

社会人が専門学校に行って失敗する4つのパターンとその対策

学生生活に馴染めない

若者のコミュニティーに入れるか

社会人が専門学校に入って馴染めるか?
社会人が専門学校に入って馴染めるか?

専門学校の生徒は基本的にそのほとんどが高校を卒業したての10代の若者です。
  少しでも社会人経験を積んだ人から見れば子供に見えてしまいます。
  このようなコミュニティーに入るのが苦手な人は孤独感を感じてしまうかもしれません。
  在学中の数年間を孤独な状態で過ごすのは、誰でもつらいかと思います。

対策

  • 社会人経験があれば、「お兄さん・お姉さん」として慕われることもあるので、積極的なコミュニケーションを心がけましょう。
  • 最初、年上には話しかけにくいもの。こちらから話しかけましょう。
  • 年下に馴染めない人は、専門学校の先生と仲良くなるか、別の場所に自分の居場所を見つけることが大切です。

勉強についていけない

専門学校の勉強は思ったよりもハード
専門学校の勉強は思ったよりもハード

「専門学校は大学に行けなかった人たちの進路だから、授業は簡単だろう!」
  と思わない方が良いでしょう。もちろんユルイ専門学校もありますが、そのようなユル系専門学校では、まともに就職できないので論外です。
  勉強についていけなくなると、誰でも勉強がいやになるはずですから、最終的には退学という事態におちいる危険もあります。
  もっとも、授業に出ていれば留年しないという専門学校が多いと思いますので、卒業はできるかと思います。
  ただ、有効な資格が取れなかったり、技術が身につかなければ、就職に苦労するはずです。

対策

  1. 本当に勉強する覚悟がありますか?を自分の心にもう一度問いただしてください。勉強がきらいであれば専門学校進学以外の道を探しましょう。
  2. 分からないことをそのままにしないで、直ぐに講師に質問するなどして解決しておくことです。
  3. 専門学校の学習でも予習・復習は重要です。必ずやりましょう。講師の板書を丸写しするような授業の受け方だと失敗します。授業は予習した内容の確認と思ってください。

進路選びに失敗している

社会人は学歴が欲しいという理由で専門学校に行ってはいけない

専門学校卒という学歴は弱い
専門学校卒という学歴は弱い

高卒だから・・大学中退だから・・専門学校卒業の学歴が欲しいという理由では行かない方が良いです。
  このように考える人は、仕事を探すうえで、学歴がネックになっていると感じている人だと思います。
  多くの専門学校で入試が形骸化し、誰でも入学でき、よほどの理由がなければ卒業できるという現実があります(一部の大学も・・)。
  そのような学歴を評価する企業が、はたしてどれくらいあるでしょうか?
  実際に「学歴フィルター」というものが存在し、大卒じゃないと応募すらできない企業が数多くあるのは事実です(学歴不問とか書いてるくせに・・)。
  また、学歴にコンプレックスがあるのであれば、専門学校を卒業しても「専門卒だから・・」と考えてしまうかもしれません。
  専門学校は、資格や技術を習得するという明確な目的がない限り、行かない方が良いでしょう。
  専門卒の強みは「大卒が保有していない技術と高度な資格」です。
  なので、大卒が保有していないモノを得ることができる専門学校を選びましょう。

対策

  1. 学歴が欲しいという人は大学にいきましょう。社会人入試を利用すれば、思ったより簡単に入学できることがあります。
  2. 学歴がなくともアナタを評価してくれる企業は必ずあります。十分な就職(転職)活動はしましたか?
  3. それでも専門学校に行きたいという人は、明確な目標をもって行きましょう。卒業したということよりも、「何ができるか」が大切です。

社会人は進路指導がないから失敗しがち

間違った専門学校の選び方
間違った専門学校の選び方

専門学校選びで失敗したり、そもそも専門学校ではなく、大学じゃ無いとダメだったという失敗です。
  社会人は、高校生とは違って、進学に関して相談したり指導を受けられないのが痛いところです。
  進学を考えている社会人のほとんどが、ネット検索に頼って進路を選択しているのではないでしょうか?
  初めから専門学校ありきで、「自分のやりたい分野名 専門学校」のような検索ワードで調べていると失敗します。
  なぜなら、そのまま検索で出た専門学校のホームページを閲覧する流れになり、何となく良さげに感じてしまうからです。
  どの専門学校のホームページも良いことしか書いてなく、入学させようという演出が盛りだくさんです。
  (まあ、広告というものはそういうものなので・・・金さえかければ良さげに見せられる。)
  そこが本当に良い専門学校であれば良いのですが、専門学校にも質の違いがあるのも事実なので、きちんと比較検討するべきかと思います。
  なんせ、300万円レベルの買い物ですから、慎重さが求められます。

対策

  1. 高校生の進路選びのように、進学系サイトで情報収集する。広告演出が少ないため冷静に比較できる。
  2. 進学系サイトで、自分が目指す分野について検索をかけた時に、大学の方が多い場合は大学進学も考えるべき。(学歴フィルターに引っかかる恐れ)
  3. かならず、複数の学校について資料(パンフ)請求するべき。専門学校が目的でも、同じ分野の大学の資料(パンフ)と比較するべき。
  4. 進学系サイトは、比較がしやすい「マイナビ進学」か掲載学校数が多い「スタディサプリ進路」を使う。

自分がやりたい仕事について、しっかり調べていない

本当に必要な資格・スキルレベルを分かっていない

看護師など法的に業務上必須の資格については、取得すべき資格については明確です。
  しかし、資格がなくてもできる職業については、本当に必要なスキルや資格は分かりにくいかと思います。
  そんな場合、専門学校のホームページ等に書かれている資格一覧を見て、「この職業にはこんな資格があると良いのか・・」なんて鵜呑みにしてしまうと失敗します。
  確かに役に立つ資格はあるかもしれませんが、あくまでもそれらの資格は「専門学校から提示された資格一覧」です。
  (無関係な資格が含まれていたり、低レベルなもの、金を払えば取れるものなんかが混じっていたら要注意!)
  これらの資格のうち、アナタがやりたい仕事に就職するために、役立つ資格がどれくらいあるかを見極める必要があります。(もちろん合格率も)
  資格には、同じような内容で、名称が違うような資格が沢山存在します。
  業界で評価されない資格を取っても、あまり意味がないかと思います(無いよりマシと考えない方が良い)。
  例えば、事務作業でパソコンを使えるという証になる資格の代表としてMOSが挙げられます。
  同じように、日商PC検定もパソコンスキルを証明する資格です。
  実際の求人で、これら2つの資格を比較すると、圧倒的にMOSが優遇されることが多いです。
  注意しないと、取った資格の数は多いけれど、自分の行きたい分野への就職に役立たないこともあり得ます。

対策

  1. 自分が行きたい業界の求人で要求される資格・スキルレベルを知るべき。それには、実際の求人を調べておく必要がある。
  2. 必要な資格・スキルについて、その業界の企業に問い合わせてみる。または、業界に詳しい第三者から情報を得る。
  3. 資格は数多ければ良いというわけではない。本当に役立つ資格を確実に取得できる学校を選ぶべき。

就職を希望する業界の実情を知らない

一度、専門学校へ行ってから再就職しょうとする社会人が気になるところは、給料などの待遇面では無いでしょうか。
  やりたいことをやるために専門学校に行くという場合でも、多額の学費を払うわけですから、再就職後の待遇については知っておかなければなりません。
  また、その業界の企業が、「自分の就職したい地域に何社あるのか?」、
  「業界の景気の先行きは?」、
  「大企業が多いのか、中小が多いのか?」
  「求人は毎年出ているのか?何人なのか?」、などを
  専門学校に入学する前に、きちんと調べていない人が結構多いと思います。
  入学後、いざ就職活動を初めて、初めて待遇の悪さや就職の難しさに気づいても遅いのです。
  これらを調べておかないと、確実に失敗します。

対策

  1. 入学前に、どんな企業があるかを調べる(業界研究)。さらに、各企業の求人ページをチェックする。
  2. 中途採用の求人情報から待遇について調べる。

専門学校に行く必要がないのに行ってしまう

学歴がないと資格が取れないという理由で専門学校に進学するのは良いかと思います。
  ですが、そのような資格を取る以外の人は、少し冷静になって考えないと失敗するかもしれません。
  「本当に専門学校に行くのが正解ですか?近道ですか?」
  例えば、現在の職業に不満があったり、我慢できない状況を改善したい・・・
  「・・・実は昔からやりたいことがあったんだっけ・・・」
  「専門学校に行ってリセット・・やり直そう・・・」
  と考えている人もいるかと思います。
  専門学校の多くは、金さえ払えば、お手軽に誰でも入れると思います。
  そして、奨学金という名の借金もお手軽に借りられる・・・。
  実は専門学校に進学して失敗した場合、他の選択肢よりも、格段に被害が大きいということを認識しておく必要があります。
  (もちろん失敗しなければハッピーな結末がまっているでしょう。)
  例えば、専門学校の代わりに大学へ進学して、自分の思うような職業に就けなくても、「大卒」という肩書きが残ります。
  日本社会では、この「大卒」というブランドは、なんだかんだで役立ちます。

大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
自分やりたいことを実現するために、1度でもいいから専門学校以外の道はないかを考えてみましょう!

専門分野によって、本当は専門学校に行かなくても、新しい道を歩むことはできることがあるのですが、「専門学校で学ばなきゃダメ」という思い込みで、失敗する人がいると思います。

学校で学んでからで無いと、自信が持てない

確かに、専門学校を卒業したということは自信につながるかと思います。
  ですが、「〜ができる」の自信の方が、仕事をする上での役に立つはずです。
  社会人が専門学校に入る動機として、「やっぱり専門学校で専門知識や資格を取ってからじゃないと、転職は難しいから」というものが多いです。
  ですが、業種によりますが、これは「思い込み」なことが多いかと思います。
  例えば、飲食業からプログラマーに転職したいという人は、真っ先に専門学校入学を考えるでしょう。
  最近は、専門学校より早く・安く、そして転職サポートもするような、プログラミングスクールが増えてきており、このルートで異業種転職を成功させる例が目立ちます(詳しくは別記事)。
  それ以外にも、多くの資格や英会話など、ネットで手軽に学べるサービスが多いと思います。
  極端な例を言えば、ユーチューブの動画でも、プログラミング、デザイン、動画編集・・・様々なHOWTOを無料で学べます。
  すなわち、社会人が学ぶための手段が増えてきているということです。
  そんな中で、300万円を超える学費を払ってまで、専門学校に行くことを即決しますか?

対策

  • 他の学び方を検討して、やってみる。失敗してもそれほど痛手ではない。
  • 例えば「Udemy 」では色々なスキルについて動画で学べる。
  • 通信講座なら「生涯学習のユーキャン」が有名どころ。専門学校で取れる多くの資格がラインナップされている。

学ばなくても転職できる可能性を無視している

この失敗パターンが一番多いかもしれません。
 やりたい職業は分かっているのに、転職活動しない
  社会人から入学した生徒に「入学前に企業にアプローチした?」と聞くと、
  「いいえ、相手にされないかと思って・・・してません」がほとんどです。
  一方、採用する側の人事担当者や社長に、
  「やっぱり、専門出てからじゃないと採用しませんか?」と聞くと、
  「ハイ」と「イイエ」が半々くらいといったところです。
  専門学校に行ってなくても採用するという企業では、以下のような意見が聞かれました。

  • 技術は入社後に覚えれば良い。結局、教え直しが必要だ。
  • 人柄・やる気が何よりも大切。こちらが育てたいという気にさせてくれる人材が良い。
  • 資格や学歴で仕事できるなら苦労しない。必要であれば入社後取らせる。
ズバリの答え
先生
実は・・学ばなくても、入社できる会社もある!
とりあえず転職活動をしないのはもったいない!

転職活動なんか、長くとも数ヶ月程度ですから、失敗してから進学するという道を選んでも遅くはないはずです。
  アナタが今から転職活動をして、ラッキーにも自分のやりたいことができる会社に正社員として採用される可能性もあるのです(失敗してもそれほど痛くない)。
  逆に、300万円以上の学費を払って2年以上の歳月をかけて専門学校に行き、もしかしたら自分の行きたい会社に行けるかもしれない可能性(失敗したらかなりの痛手)
  アナタの人生どちらの可能性にかけますか?

対策

  1. まずは転職・就職活動してみるのが良い。失敗してもそこで得られる情報は今後役に立つはず。
  2. 一般的な求人サイトで調べても、その先が大変なので「転職エージェント」に相談するのが早い。
  3. 転職エージェントについては、1社ではなく複数に相談した方が良い。最初の1社としてオススメは下記に解説。

第二新卒エージェント neo

まずは、「第二新卒AGENTneo」の就職・転職アドバイザーに相談しましょう。
  相談する内容はただ1つ
1、自分がやりたいことや条件を話し、該当する求人があるのか?
あれば、「自分のキャリアで応募可能か?」、無ければ、その理由。
  これを聞くだけでも、大いに価値があるかと思います。
  もし、就職面接にこぎつけて、落ちてしまっても、エージェントが落ちた理由を教えてくれるので、次に生かせます

第二新卒エージェント neoの簡単な解説
  • 完全無料
  • 18〜28歳までの就職・転職実績が2万人超の実績
  • 職務経験無しの転職も1万人以上の実績
  • 学歴がなくとも対応可能(高卒、専門・大学中退など)
  • フリーターから正社員も可能
  • 紹介先企業(実績)は1万社以上
  • 履歴書等の書類添削、面接指導もしてくれる

ただし、相談(面談)は新宿/大阪/名古屋/福岡にあるいずれかの会社に行く必要があります。

公式サイト:第二新卒AGENTneo

地方在住でneoに相談できない場合、下記のエージェントはオンラインでも相談できます。

ウズキャリ(UZUZ)

こちらでも聞く内容は同じですが、特徴は下記の通りです。

ウズキャリの簡単な解説
  • 完全無料
  • 就職支援実績3.5万人以上
  • 入社後定着率95%以上
  • 就職内定率86%
  • ブラック企業完全排除
  • 時間をかけてしっかりとサポート
  • オンライン相談可能!

公式サイト: ウズキャリ

最後に
専門学校へ入学することが当面のゴールになってしまっている人がいます。
  アナタのゴールは「自分のやりたいこと」、「より良い仕事」に就くこと、そして今よりもハッピーな生活を送ることであることを忘れないでください。

TOPページに戻る

-社会人の学び直し
-, ,

© 2020 進学羅針盤