保護者向け 幼児・小学生教育

【2022年版】小学生の学習用タブレットの選び方とオススメ機種・教材

小学生が学習するためのタブレットの選び方。市販タブレット(ipad,Android)と専用タブレットの違いと選ぶポイント
小学生の学習用タブレットを選ぶためのポイント

小学生が学習に使うタブレットをお探しですか?
学習用タブレットはiPadなどの市販品に親が学習アプリや教材を契約する方法と、スマイルゼミ 【進研ゼミ小学講座】 のような専用のタブレットを使う教材を契約する方法の2種類があります。

小学生の学習用タブレット選択肢

  1. 専用タブレット
    主な教材:スマイルゼミ・進研ゼミ小学講座
  2. 市販タブレット
    →iPadやAndroidタブレット
    主な教材:Z会タブレット小学生コース・すらら・デキタス・学習用アプリ(ダウンロード+課金)

本記事では、iPadなどの市販タブレットを使うのが良いか?教材とセットの専用タブレットが良いか?について解説したいと思います。

タブレット学習で、結局いくらかかるのか?

親からすると、どれくらい費用がかかるのか?が一番気になるポイントだと思います。
まず、最初はかかる費用について比較してみました。

かかる費用については・・

先生
先生

iPadを使った学習は高くつく可能性があります。

えっ!そうなの?

ママ
ママ

iPadだけでなく、Androidを含めたタブレットでは、学習用アプリを入れるか、自前のタブレットで学べる教材を契約しなければ学習を始められません。

アプリストアから使えそうなアプリを入れて勉強させたら、安上がりになるかと思ったんだけど・・

ママ
ママ

アプリストアからダウンロードできるアプリであれば確かに安く済ませることも可能です。
しかし、特定の苦手分野だけを学ばせるといった使い道なら良いのですが、日々の学習を5教科満遍まんべんなく学ばせたいならば、きちんとパッケージされた学習教材を使わないとダメです。

そのような市販のタブレットで使える教材は実は高額です(その分付加価値は高い)。
実際にどれくらいの料金がかかるか表にしてみました。
なお、初年度用にタブレット購入費用を含めて計算表とタブレット代金を含まない2つの表を作成しました。

表:タブレット学習でかかる年間費用の初年度概算(税込) ※注意事項や根拠は表下を参照のこと
専用タブレット教材1年生2年生3年生4年生5年生6年生
進研ゼミ小学講座38,160円38,160円44,880円54,360円65,040円69,960円
スマイルゼミ50,314円53,218円61,138円69,058円79,618円86,218円
市販タブレット教材1年生2年生3年生4年生5年生6年生
Z会小学生向け講座71,854円78586円87,562円113,362円120,094円118,230円
すらら138,536円138,536円138,536円138,536円138,536円138,536円
デキタス79,400円79,400円79,400円79,400円79,400円79,400円


●進研ゼミ小学講座→利用料金を12ヶ月分一括払い+タブレット代金0円(6ヶ月以上継続)。
●スマイルゼミ→利用料金を12ヶ月分一括払い+タブレット代金10,978円。
●Z会小学生向け講座→利用料金を12ヶ月分一括払い(6年生は11ヶ月)+iPad購入代金35,950円(Z会価格)。
●すらら→利用料金4ヶ月分一括払い4教科コース+入会金11,000円+iPad購入代金39,800円(Appleストア正価)。
●デキタス→毎月払い×12ヶ月+iPad購入代金39,800円(Appleストア正価)。

先生
先生

2年目以降はタブレット購入費は不要なので、もっと安くなります。
タブレット費用を抜いた価格表は下記です。

表:タブレット学習でかかる年間費用の2年目以降概算(税込) ※上表からタブレット代金を抜いたもの
専用タブレット1年生2年生3年生4年生5年生6年生
進研ゼミ小学講座-38,160円44,880円54,360円65,040円69,960円
スマイルゼミ-42,240円50,160円58,080円68,640円75,240円
市販タブレット1年生2年生3年生4年生5年生6年生
Z会小学生向け講座-42,636円¥51,612円77,412円84,144円82,280円
すらら-98,736円98,736円98,736円98,736円98,736円
デキタス-39,600円39,600円39,600円39,600円39,600円

ポイント

基本的に専用タブレットの方が安く学べる!(デキタスを除く)

先生
先生

ここまでは、料金だけにスポットを当てて見てみましたが、専用タブレットと市販タブレットで何が違うか?を解説します。

専用タブレットと市販タブレットの違いは4つ

専用タブレットと市販タブレットの違い(小学生のタブレット学習において)
先生
先生

専用タブレットと市販タブレットの違いは、主に下記の3点が挙げられます。

専用・市販タブレットの違い

  • 初期設定・メンテナンスの手間
  • タブレットの頑丈さ
  • 教材選びの自由度
  • 手書き入力での学習

専用・市販タブレットの違い 1 初期設定・メンテナンスの手間

忙しい人やITが苦手な親はiPadやAndroidなどの市販タブレットは避けた方が良い。理由は設定に手間がかかり、知識も必要だから。
忙しい人やITが苦手な親はiPadやAndroidなどの市販タブレットは避けた方が良い。理由は設定に手間がかかり、知識も必要だから。
先生
先生

専用タブレットは届いてすぐ使えるのがメリットです。

市販のタブレットでは箱を開けてから使えるまで様々な設定があるため手間がかかります。
一方、専用タブレットはほぼ設定された状態で届くので、すぐに学習を始めることができます。
Wifi(インターネット接続)の設定など最低限の準備は必要ですが、この部分についてはマニュアルも完備されているうえ、サポートセンターもあるので安心です。

とくに、市販のタブレットではペアレンタルコントロールをかけておかないと、不適切なサイトや動画の閲覧ができてしまいます。
子供を不要な危険から守るためにも機能制限はかけておくべきですが、それなりに手間がかかるのも事実で、知識も必要です。

なお、設定は最初だけですが、定期的にメンテナンスが必要です(アプリやOSアップデートの承認など)。

私、機械に疎いからセットアップなんて気が重いわね・・

ママ
ママ
先生
先生

そのような方は、専用タブレットがオススメです。
トラブルも起こりにくいですよ!

専用・市販タブレットの違い 2 タブレットの頑丈さ

先生
先生

専用タブレットは頑丈にできています。

専用タブレットは、子供が使うことを前提としているため通常よりも頑丈な造りになっています。
もちろん、市販タブレットでも頑丈なものはありますが、種類は多くありません。

また、専用タブレットではオプション料金になりますが、タブレット破損時に低料金で修理交換ができるサービスもあります。

専用・市販タブレットの違い 3 教材選びの自由度

先生
先生

専用タブレットは教材が子供に合わないと無駄になります・・

専用タブレットの場合、文字通りその教材専用なので子供に合わない場合無駄になります。
専用タブレットの教材には最低契約期間が定められていることが普通なので、期限内に退会すると違約金やタブレット代金の支払い義務が発生します。

一方、市販のタブレットであれば学習用アプリへの課金が月単位や1回切りであるため、無駄は発生しません。
アプリ以外の学習教材でも1ヶ月単位での支払いができる教材であればお試し的にやってみることも可能です。

無料体験で、こどもに合ったタブレット学習を探すことができる
こどもに合ったタブレット学習を試しながら探すことができる
先生
先生

教材は良し悪しだけでなく、実は合う合わないがあるので慎重な選択が必要です。

タブレット端末選びと教材選びは同時にする必要があるのね

ママ
ママ
先生
先生

そのとおりです。
子供の個性も色々ですし、学力や学習習慣の定着具合で最適な教材は変わってきます。

専用・市販タブレットの違い 3 手書き入力での学習

スマイルゼミの専用タブレットでは手書き入力による学習が可能。しかも精度が良い
スマイルゼミ の専用タブレットでは手書き入力による学習が可能。しかも精度が良い。

上図はスマイルゼミ から引用したものですが、画面に直接手書きで入力して学習できます。
これは、【進研ゼミ小学講座】 でも同じように手書き入力できます。
算数なんかだと筆算を画面に手書きして入力できます。

一方、市販タブレットで学習するための教材3社ではこのように手書き入力をしっかりとできるものはありません。

手書きで勉強させたいなら専用タブレットね!

ママ
ママ
先生
先生

はい。特にスマイルゼミの手書き機能は優れてますよ!

スマイルゼミ のペン入力は筆圧も検知する優れものです。丁寧に書かないとタブレットに叱られます(笑)。

スマイルゼミのペン入力は筆圧もチェックされている
スマイルゼミ のペンは非常に優れており、書いて学ばせることを重視したいのであればスマイルゼミが良い。

小学生の学習用にタブレットを考えているのであれば、専用タブレットを使うスマイルゼミ 【進研ゼミ小学講座】 は検討するべきです。

先生
先生

資料請求がまだの方は資料を取り寄せましょう。お得な情報が得られるかもしれませんよ!

各社教材のザックリとした違いを解説

タブレット選びは教材選びなのは分かったけど、結局どの教材がいいのか選ぶの大変ね!

ママ
ママ
先生
先生

正直大変です。
なので、ザックリとした違いと特徴的な点をピックアップして紹介します。

まず、基本的に学習する基本的部分は優劣はなくほぼ一緒と考えてもらって良いと思います。
特に、2022年度からデキタスを除く4つの教材が無学年式に対応して横並びになったので、機能的な違いがわかりにくくなっています。
その中で、保護者に対するサービス、やる気を引き出す仕組みなんかでライバル他社に違いをつけているといった感じです。

以下に、各社の一番の特徴を一言二言で表したいと思います。

スマイルゼミ

  • バランスの取れたオールインワンの教材。小学生に必要な学びの全てが詰まっている。
  • 漢検ドリルやネトゲのように他の人と繋がって計算を競える「みんトレ」が特徴
  • 書いて学ぶことにこだわり抜いた教材。
\資料請求はこちらから/
キャンペーンで2週間無料お試しできます!

進研ゼミ小学講座

  • バランスの取れたオールインワンの教材。小学生に必要な学びの全てが詰まっている。
  • デジタルになっても赤ペン先生による添削がある。
  • 授業のライブ配信をやるのはここだけ。
\資料請求はこちらから/

Z会小学生向け講座

  1. 中学受験に対応している
  2. より高度なレベルの学習も対応
\資料請求はこちらから/

すらら

  • 学習の遅れや勉強嫌いを克服することに重点を置いている
  • すららコーチが保護者にコーチングする(子供への向き合い方など)
\資料請求はこちらから/

デキタス

  • 余計なものは無い。いたってシンプルな教材。ある意味無難?
  • 料金は安い
\無料体験はこちらから/

市販タブレットを買うなら何がいい?

もし、市販のタブレットを子供の学習用に購入するのであれば、AppleのiPadが無難です。
iPadにも種類がいくつかありますが、ノーマルのiPadで一番スペックが低い(十分高性能です)もので良いかと思います。

なんでiPadなの?AndroidやWindowsタブレットは?

ママ
ママ
先生
先生

下表を見て貰えば分かるかと思いますが、各社の教材はiPadに対応してますが、Android、Windowsは対応状況がイマイチですね。

市販タブレットで使える教材のプラットフォーム対応状況
○→対応 △→要動作確認 ×→未対応
iPadAndroidWin/Mac
Z会小学生向け講座××
すらら
デキタス

なんかAndroid三角って微妙ね・・

ママ
ママ
先生
先生

Android搭載のタブレットは、機種によりバラツキがあって実際に試してみないと分からないみたいです。
各社とも下図のような注意書きをしています。

各教材メーカーによるAndroid端末に関する注意書き
各教材メーカーによるAndroid端末に関する注意書き

Amazonで1万円i以下の安いAndroidで済ませようと思ったのに・・残念。

ママ
ママ
先生
先生

安いAndroidは聞いたことないようなメーカーばっかりですよね?やめておいた方が・・

小学生の学習用タブレット まとめ

結局、学習用タブレット選びは教材選びと同意義であると言っても過言ではありません。
なので、教材各社の資料請求や無料体験を試してから決めた方が後悔がないはずです。

資料請求は下のバナーからどうぞ!

専用タブレット教材の資料請求
市販タブレット教材の資料請求

注:挿入イラストで使用したAndroid ロボットは、Google が作成および提供している作品から複製または変更したものであり、クリエイティブ・コモンズ表示 3.0 ライセンスに記載された条件に従って使用しています。

-保護者向け, 幼児・小学生教育
-, ,