幼児から社会人までの学びをサポート。学び方や進路選択のお役立ち情報を日々発信中!

進学羅針盤

保護者向け 受験と対策 幼児・小学生教育

オンライン学習「すらら」は最悪になった子供の成績・学習習慣を改善するか?

オンライン学習の無学年式「すらら」で勉強できない最悪の状況から脱することはできる可能性がある
「すらら」で「勉強できない・しない」という最悪な状態から脱出できるのか

「すらら」は最悪なのか・・・が気になってこちらのページにいらっしゃつたかと思いますが、「すらら」は最悪ではありません・・・最初に言っておきます。
  とはいえ、累計7万人(2019年現在)以上も受講していますから一定数の不満はあるかとは思います。
  この記事に検索エンジンから来た人は「すらら 最悪」のキーワードが気になった方かと思いますが、この記事は「すらら」を批判する記事ではありません。
  この記事の要旨は「勉強が最悪にできない状況からの脱出には【すらら】を使うだけではダメで、親の適切な対応があって初めて有効になる」です。
  文章の途中、親がこんなふうに子供の勉強に向き合えば良いというような内容を書いてますので、ぜひ「すらら」を使った勉強法と併用してみてください。

表面的に観察できる最悪な状況

勉強について最悪な状況とはどのような状況なのかを整理したいと思います。

子供の成績がかなり悪い

子供の成績がかなり悪い
成績が著しく悪い状態が常態化している

平均点よりも著しく低い点数をとることが常態化していれば、完全につまづいています。いち早く抜本的な対策が必要です。
  なお、徐々に成績が落ちていく場合は、少し過去につまづきポイントがあり、それを克服せずに現在に至っていると考えられます。
  今まで勉強が分かっていたのに最近わからなくなり始めて、勉強への興味が薄れつつあるという状況かもしれません。
  そのつまづきポイントの箇所を特定し、克服させれば回復すると思いますが、早い対処が望まれます。

大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
ゲーム機などを買い与えて学習時間が短くなる場合も徐々に成績が落ちますので、ゲーム時間のルールは早めに決めましょう

成績が悪くても勉強しない

勉強をするのを嫌がる・拒否する
成績が悪いのに勉強しない・拒否する

成績が悪いにもかかわらず、勉強をしなかったり、拒否する場合は少し構えて対応しなければならないでしょう。
  このような子供の場合「勉強=不快な行為」という図式が脳の無意識の部分に記憶され、勉強をしたくともできない状況に陥っている可能性があります。
  人間の行動決定は、脳内の無意識に支配されているということが、脳科学的にも「ソマティック・マーカー仮説」という理論で説明できます。
  勉強を嫌がる子供に対しては「勉強=不快な行為」から「勉強=快い行為(楽しい・興味深いなど)」に少しづつ変えていく必要があります。
  そのためには優しい問題でも良いですから、「やればできる→分かることは楽しい」という成功体験を脳内の無意識に刻んでいく必要があります。

親がどうしたら良いか分からない

子供の成績や勉強について親がどうしたらいいか分からなくなっている
子供の成績や勉強についてどうしたら良いか親が分からなくなっている

「子供の成績が悪い、勉強もしない、言っても聞いてもらえない。」こうなってくると、親はどうしたら良いか分からなくなるのが普通だと思います。
  親は自分が受けた教育を思い出して、「自分の時はこうだった」で子供に教育をしようとするでしょう。
  基本的な部分は同じでしょうが、親の時代とは教育内容も変わってきているので、自分の受けた教育が子供の教育に適合しないことも当然あります。
  それ以前に、その教育方法が自分の子供に合うかという問題も大きいのではないかと思います。
  人には個性や特徴がありますから、残念ながら、万人が楽しく学べ、成績を上げる方法は無いといっても過言ではありません。
  なので、どんなに優れた通信教材、オンライン学習でも合わない人がいます。
  大切なことは、自分の子供に合う学習方法を見つけることだと思います。子供が学習方法に無理に合わせるのではないのです。

子供の勉強について本当に最悪な状況とは

子供があきらめることを躊躇ちゅうちょしなくなる

あきらめの連鎖が起こると子供の将来にとって最悪な結果になるかもしれない
あきらめの連鎖が起こると子供の将来にとって最悪な結果になるかもしれない

日本の義務教育では成績不良による留年はありませんから、子供はテストの点数が悪いだけで、実質的な被害を受けず学校生活を過ごすことができ、卒業までできます。
  勉強をあきらめても、特に大きな被害を感じなければ、「あきらめても大したことない」という感覚が芽生えてしまいます。
  結局、少しやってできないものは、あきらめてしまうというくせがついてしまいます
  実際、勉強ができなくてもできる仕事はいくらでもありますが、大抵の仕事は「やり抜く力」を要求されるはずです。 この「やり抜く力」は勉強を継続することで養われます。
  なので、勉強をやり抜いたであろう学力の高い人が、就職活動で企業から優遇されるわけです。

親もあきらめてしまうと打つ手なし

親があきらめてしまうとそれ以上の改善は望めない
親があきらめてしまうとそれ以上の改善は望めない

家庭学習を促したり、寄り添うのは親の役目だと思います(ただし、後述しますが「勉強しろ!」は効果ありません)。
  家庭での学習がうまくいかない場合、塾やオンライン学習の利用で、実質的な学習指導をプロに任せることもできます。
  子供は自分の意思で学習塾やオンライン学習を選んだり、入会するということはできません
  勉強しない子に、勉強をする場や機会を与えることができるのは親である「あなた」しかいないのです。
  ですので、あきらめずに、あの手この手で子供に学習させる努力を惜しまないことが大切です。

あきらめたらそこで終わりになってしまうよ
あきらめたらそこで終わりになってしまう
そうね!あきらめないわ。そのうち対策を考えます!
気づいたママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が困惑する
先生
学習改善策について先延ばしするのも良くありませんよ!
えっ!
大学について分からないことがあるママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
学校の勉強は日々進みますから、時間が経てばたつほど追いつくのが困難になります。
大学・専門学校に詳しい先生が正解を指摘
先生
明日よりも今日始めれば、1日早く学力の改善ができると考えられます。
そうね、1日でも早くこの最悪な状況から抜け出せると考えれば、すぐに実行したほうが良さそうね。
気づいたママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
入会・契約までしなくとも、資料請求や無料体験してみるところから始めても良いでしょうね!

最悪な学習状況から脱出する方法

実際問題、勉強をしない子供に勉強をさせるのは至難の技でしょう。
  多くの通信教材とかでうまくいかなかったという事例は、入会はしたものの、結局親が勉強をさせられないことに起因します。
  今回この記事では最悪な状態から脱出するために最適な、オンライン学習「すらら」をオススメとしてご紹介するのですが、「すらら」に入会しただけでは成績の改善は望めないでしょう。
  親が積極的に「すらら」をやらせるための工夫や生活改善をしてこそ、学力・学習習慣の改善が見込めるようになるはずです。
  なぜ私が、「すらら」を勧めるかというと、「すらら」は学習に関する相談が充実しているだけでなく、例えば勉強ペアレントトレーニングという親をトレーニングするサービスもあり、実際に子供に向き合う親の重要性をしっかりと認識している教材だからです。
  一人で悩んでいても、大切な時間が過ぎるだけなので相談やトレーニングするのも良いのではないでしょうか。
  さて、次のセクションからは「すらら」をやる前から試してもらいたい、今すぐにでもできる学習習慣改善方法についてご紹介していきます。

ゲーム・TVは取りあげてはいけない!

「テレビ視聴やゲームばっかりして勉強しない」といった悩みが一番多いのではないかと思います。

ズバリの答え
先生
ゲームを取りあげたり、テレビを消すのは逆効果です!
なんと!
びっくりしたママ
ママ
教育上無理にでも取り上げるのはアリだと思ってました・・
大学について分からないことがあるママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が困惑する
先生
たいてい、子供と喧嘩になる場面ではありませんか?
そうなんですよ・・つい感情的になってしまって・・
受験生のママ落ち込む
ママ
大学・専門学校に詳しい先生
先生
その後は勉強どころではないでしょ?

無理強いすると当然子供は嫌がりますから、機嫌が悪くなるだけでなく、「ゲーム取られた=勉強させられる=イヤだ」という図式な成り立ってしまいます。
  そのような心理状態で勉強をしても効果がでないどころか、今まで以上に勉強をイヤになるかもしれません。
  慶應大学の中室氏の研究によれば、ゲーム・テレビ視聴が長い子供は学習時間が短いという調査結果がありますが、ゲーム・テレビを1時間やめさせても、学習時間は2、3分しか増加しないそうです。
  これだけの効果しか見込めないのであれば、無理にして子供の機嫌を損ねるよりは、お互い妥協できるラインでテレビ・ゲームの時間を少しずつ削減するのが前向きだと思います。

ゲームを無理にやめさせるのは逆効果。容認して少しでも勉強させる。
ゲームを無理にやめさせるのは逆効果。容認して少しでも勉強させる。
なんとか少しだけ勉強してくれたわ!
受験勉強で元気付けるママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生がグッドサイン
先生
その調子です。最初は10分でもいいから勉強をさせて、徐々に学習時間を増やすとともに、ゲームの時間を減らしていきましょう。その時、必ず付き添いましょう。

勉強する時間が増え、勉強が分かるようになってくると、分かるということが楽しいということを脳内の無意識が認識し始めます。

勉強をやらせるための親の行動

ゲームの容認だけでは机に向かわない子供もいるかと思います。そこで、いくつか子供に勉強させるための方法をご紹介しましょう。

親の対応方法

子供の勉強に対する親の対応方法とその効果
子供の勉強に対する親の対応方法とその効果

これも慶應大学の中室氏の調査ですが、小学校低学年の子供に、親が勉強に対してどのように接した場合、勉強時間が増加するかを調べたものがあります。
  結果は上のイラストのように、「勉強を見ている」と「勉強する時間を決めて守らせる」が勉強時間の増加に効果があることが分かりました。
  そして、男児に対しては父親が「勉強を見ている」、女児に対しては母親が「勉強する時間を決めて守らせる」が最も効果があるそうです。
  なお、母親が女児に対して「勉強するように言う」は逆効果で勉強時間が減少したとのことですので注意しましょう。
  私としては、子供の状況を把握するうえでも、手間はかかりますが「勉強を見ている」をオススメします。
  なぜならば、子供の状況を詳しく掴んでおかないと、他の人に相談できないからです。

ご褒美作戦

成績に対するインセンティブよりも勉強することに対する報酬を与えたほうが成績が向上する
勉強するという行為に対してご褒美を与えるのが効果的

アメリカの研究者によって調査されたものですが、「良い成績を取ったらご褒美」と「勉強したらご褒美」を比較したところ、「勉強したらご褒美」の方が成績が向上したという結果が出ています。
 

びっくりしたママ
ママ
テストで点数取ったらご褒美あげる方が、本人は頑張りそうですが・・
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
特に勉強できない子供は、良い成績をとる方法が分からないのですよ・・

勉強をしたことによってご褒美をもらえる場合は、子供は勉強すれば良いだけなので、何をしたら良いか明白です。
  しかも、勉強後確実にご褒美をもらえることが分かっているのですから、勉強したくなります。
  そこに、勉強内容や方法について親が介入して、正しい方向に導いてやればかなり効果的と言えるでしょう。
  「良い点数を取ったらご褒美」だと、子供は何をすべきなのかの具体的な内容は示されず、さらに、ご褒美をもらえるかは不確実で、モチベーションは上がりません。
  もし、「良い成績を取ったらご褒美」にする場合は、子供に具体的な勉強内容について伝えれば効果が見込めると思いますが、勉強しない子供に対しては「勉強する行為」に対してご褒美をあげた方が良いかと思います。

やっぱり、ご褒美はお金ですか?
大学について分からないことがあるママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
中学生以上はお金が良いですが、小学生まではお金な必要はないようです。

これも、アメリカの研究者によって調査されたものですが、「小学生には現金よりも同額のトロフィー」の方が効果があったそうです。
  これも、子供それぞれなので、一概にトロフィー的なものが良いとか思いませんが、小学生高学年位は現金の方が喜ぶのではないかと思います。
  幼児や小学生低学年の場合、キラキラのシールやキャラクターシールなんかが良いのではないでしょうか。

何か、報酬目的で勉強させると良くない気がするのですが・・
受験生の親としてやさしく解説するママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
報酬目的で勉強させても、子供の「勉強は楽しい」という気持ちは失われないという研究結果もありますよ!

勉強が分からないを克服するためには

勉強が分からないは前に戻って基礎からやるしかない。
分からないを克服するには前に戻って基礎から積み直すしかない

勉強は過去に学んだ事が分からないと、今やっている内容が理解できないことが多いことはご存知の通りかと思います。
  結局、過去に学んだ内容をもう一度やり直し、克服していくしか方法はないのです。

やっぱりそうですよね!
大学受験する子のママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
さらに言えば、過去に遡り勉強し直すのと、現在進行中の学校での勉強を同時に進めるのは、手間と時間が相当かかります。
はーっ。私そんな教え方できそうにないわ・・
受験生のママ落ち込む
ママ
大学・専門学校に詳しい先生
先生
それをやろうとすると、学習内容を相当理解している人でないと指導は難しいかと思います。家庭教師や個別指導塾、または「すらら」が対応可能かと思います。
過去に遡って勉強させるのは難しい
過去へ遡る勉強の指導は難しい

家庭教師や個別指導塾は遡って学習させることができるのですが、毎日利用するわけにはいきません。
  それに、勉強の習慣化には毎日の家庭学習が欠かせません。毎日少しずつでも良いから家庭学習をした方が学力が向上すると思います。

大学・専門学校に詳しい先生が怒る
先生
家庭教師や塾に通わせることで、親が一定の責任を果たしたと満足してしまわないように注意が必要です。
やっぱり家庭での学習が重要なのですね・・・
心配する受験生のママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
はい。少し手間がかかりますが親が家庭学習の指導をした方が良いかと思います。
私には勉強は教えられないわ・・
心配する受験生のママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生がドヤ顔
先生
「すらら」を使えば勉強の部分は親が教えなくても大丈夫ですよ!アニメーションなんかで解説もしてくれます
じゃあ指導って何をすればいいの・・・
気づいたママ
ママ
大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
それは、「すらら」をやらせるという指導です。細かい指導については「すらら」のスタッフと相談しながら進めることができます。

オンライン学習「すらら」で最悪な状況から脱出しよう

すらら公式サイトのスクリーンショット
すらら公式サイトのスクリーンショット

すらら」は学年にとらわれない「無学年式」を採用しています。 この無学年式という勉強方法が、過去のつまづきを克服するために最適な学習システムです。
  一言で言えば、間違えた箇所に関連する学習内容をAIが判断し、自動で遡って学習させるというものです。
  インターネット上の「すらら」のレビュー記事に多い「勉強の難易度がやさしすぎる」というネガティブな意見は、おそらくこの辺から来ていると考えられます。
  ようするに、わかりやすいのではないかと・・。簡単に分かるものは難易度が低いと判断してしまうでしょう。
  本来無学年式ですから、自分の学年より上の学習に挑んでも良いのですが、その辺について詳しく述べられているブログレビュー記事は見つけられませんでした。
  自分の学年よりも上の学習に挑めるのですから、学習に問題を抱えている子供以外でも十分に役割を果たす学習システムです。
  なお、詳しい内容は公式サイトが一番わかりやすいので、そちらをご覧ください。
  なお、学習に遅れや問題を抱えている子供を持つ方「すらら」は悩みの深いご家庭と向き合う会社というコンテンツがためになるかと思います。

▼すらら公式サイトが別ウィンドウで開きます▼

すらら公式サイト

「すららコーチ」は強い味方

すらら」ではスタッフが「すららコーチ」として子供の学習と親のサポートをしてくれます。
  具体的には、個人個人に合った学習プランの立案、学習行動のチェック、親との相談です。

大学・専門学校に詳しい先生が解説
先生
もう一度言いますが、「すらら」に入会しても、親がやらせなければ宝の持ち腐れです。
わかってるわよ!がんばってみるわ!それに親へのサポートが心強いわ!
受験勉強で元気付けるママ
ママ

すぐに始めないとより困難な状況になる

学校の勉強は日々進んでしまいますから、対応が遅いほど取り戻すのに時間がかかってしまいます
  今すぐ下記のリンクから「すらら」について検討してみてください。資料請求は無料ですし、無料体験もあります。

▼すらら公式サイトが別ウィンドウで開きます▼

すらら公式サイト

TOPページに戻る

-保護者向け, 受験と対策, 幼児・小学生教育
-, ,

© 2020 進学羅針盤