社会人のためのIT・プログラミング学習 社会人の学びと転職

IoTを学べるプログラミングスクールの比較【未経験からのIoTエンジニア転職】

IoTを学べるプログラミングスクールの比較

最近良く耳にするDX(デジタルトランスフォーメーション)は多くの日本企業にとって急務とされています。
  その中でもIoT(Internet of Things)はDXにおける重要な役割を果たすと言われているのですが、実はエンジニアが少ないという現状があります。

先生
先生
実はIoTを学べる場所もそれほど多くはありません。
IoTエンジニアが不足するくらいですから教えられる人も少ない現状があります。

なお、IT業界全体でエンジニアの人材不足が懸念されていますが、特にIoTエンジニアは最近できた職種とも言えるため、まだライバルが少ないというメリットもあります。
  本記事ではオンライン中心にIoTを学べるプログラミングスクール2校を比較していきたいと思います。
  各校とも無料カウンセリングがありますので、興味が湧いた方はぜひ受けてみましょう。

先生
先生
無料カウンセリングは、「貴方が学んだらどのようになれるか?」を知ることができる絶好の機会だと思いますよ!

IoTを学べるプログラミングスクール2校

先生
先生
現在Iotについて学べるプログラミングスクールは下記の2校です。

比較したプログラミングスクール

※上記スクール名をクリックするとそれぞれ公式サイトの該当コースへ遷移します(別ウィンドウ)。

なお、学び方のスタイル(通学・オンライン)については下表の通りとなっています。

表:学び方のスタイル
スクール名 オンライン 通学
インターネット・アカデミー ※1
ヒューマンアカデミー ×

※1 教室は東京新宿、渋谷にあります。詳しく

IoTを学べるプログラミングスクール料金・学習期間の比較

料金の比較

各校の標準料金を下表で比較します。割引や給付金などの情報は表の次の各スクールの料金詳細で説明します。

表:料金の比較
スクール名 料金(税込)
インターネット・アカデミー 834,680円
ヒューマンアカデミー 519,750円※2

※2 ヒューマンアカデミーを初めて使う人は入会金11,000円別途必要。

・・・どこも高いね。
社会人けんた
社会人けんた
先生
先生
えーと、これは定価なので高いです。
割引制度や給付金制度を使えばだいぶ安くなりますよ!

インターネット・アカデミーの料金

インターネット・アカデミーのIoTエンジニア育成コースAは、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座(通称:Reスキル講座)に認定されているため、条件を満たせば最大56万円の給付金を国からもらえます。
  つまり・・
 

通常価格:834,680円(込)
実質料金:274,680円(込)

給付金をもらえる条件ですが、簡単にいうと雇用保険への加入期間が2年以上です。
  その他の詳しい条件等はインターネット・アカデミー無料カウンセリングで相談できます。

先生
先生
自分が給付対象になるか無料カウンセリンングで聞いてみましょう!

ヒューマンアカデミーの料金

ヒューマンアカデミーではオンライン説明会を受けると早期申し込み割引を受けることができます(入学金が0円)。
  なお、IoTエンジニア総合講座は「基礎コース」「実践コース」に分割して受講が可能で、その場合の料金は下表のとおりです。

表 IoTエンジニア基礎コース・実践コースの料金
総合コース
基礎コース 実践コース
398,530円(込) 173,250円(込)

※別途入会金11,000円が必要

先生
先生
基礎コースと実践コースを合わせた総合講座が約5万円お得です。

学習期間の比較

学習に必要な期間は下表のとおりです。

表:学習期間の比較
スクール名 学習期間
インターネット・アカデミー 41日間(82時間)
ヒューマンアカデミー 6ヶ月間

IoTを学べるプログラミングスクール転職サポートの比較

各スクールの転職に関するサポートの有無は下表のとおりです。

表:転職サポートの比較
スクール名 転職サポートの有無
インターネット・アカデミー
ヒューマンアカデミー ×

インターネット・アカデミーの就職支援はかなり充実しています(詳しくは公式サイト)。
 

IoTを学べるプログラミングスクール学べる内容の比較

学べる開発言語の比較

IoT開発に使われる開発言語はC言語、Java、Pythonの3つが主流ですが、Webアプリと組み合わせて使う場合JavaScript(Node.js)も使われることがあります。
  いずれの開発言語も汎用性が高いため、IoT開発以外でも使えるメリットがあります。
  特に、C言語は機器への組み込みに使われることが多いため、IT企業以外の製造メーカーへの転職も可能性が広がります。

表:学べる開発言語の比較
スクール名 学べる開発言語
インターネット・アカデミー JavaScript(Node.js),HTML,CSS
ヒューマンアカデミー C言語
先生
先生
C言語を学べるプログラミングスクールは数少ないです。

学習内容の特徴

学習内容の特徴インターネット・アカデミー
IoTエンジニア育成コースA

ココがポイント!

他の2校とはIoT開発学習の方向性が異なるのが最大の特徴で、一言で言えば「IoT機器の制御に特化した開発」を学べるといえます。
  具体的には下記のような特徴があります。

  1. IoT開発にJavaScriptを使用
  2. サーバーOS(Linux)の学習に注力
  3. ヒューマンアカデミーよりも学習難易度は低い
1.IoT開発にJavaScriptを使用

IoT機器本体の開発ではなく、インターネットから機器に接続して制御することを目的としています。
  そのため、開発言語はWebサイトの開発に使用するHTML・CSS・JavaScriptを中心に学習します。
  また、IoT制御ではサーバーサイド開発言語としてNode.jsおよびNode Redを学びます。
  Node.jsは基本的にはJavaScriptなのでWebサイト開発の延長と言えるため効率的に学ぶことができます。
  さらに、Node Redはコードを書かなくてもIoT制御ができるというツールなので取り扱いは比較的簡単です。

2.サーバーOS(Linux)の学習に注力

IoT制御をWebページで実現するために、サーバー構築や保守・運用について学びます。
  一般的なサーバーOSはLinux系を使うことが多いため、Linuxについて深く学びます。
  そのため、Linux技術者認定試験というサーバーエンジニアの登竜門的資格を取れるレベルまで学ぶことができます。

3.学習難易度は高くない

プログラミングなので簡単というわけではありませんが、C言語を学ぶヒューマンアカデミーよりも学習難易度は圧倒的に低いです。
  その理由は、開発言語として習得難易度がそれほど高くないHTML・CSS・JavaScriptを中心に学ぶためです。
  個人的な見解ですが、IoTエンジニアリングで今後需要が増えるのはこのタイプだと思っています。
  なぜなら、IoT機器が普及すればIoT機器を開発するよりも、機器を利用するためのアプリ開発が必要になるからです。

先生
先生
前述したとおり、Reスキル講座として国に認められているコースなので、カリキュラムの内容は間違いないです!

\まずは無料カウンセリングを受けましょう/

無料カウンセリングは今のあなたが学んだら
どうなれるかを知る絶好の機会です。

学習内容の特徴ヒューマンアカデミー
IoTエンジニア総合講座

ココがポイント!

一言で言えば、「IoTをガッツリ学べる」と表現できます。
  ようするに、IoTに必要な基礎から実務レベルで使える技術までを長時間かけて学ぶことができます。
  この内容を完全に習得できたとすれば、大学の情報工学系学部レベルではないかと思います(この部分だけでは)。
  C言語を中心に学ぶので、どちらかというと、IoT機器自体の開発に対応できる学習内容と言えます。
  ここでは細かいことは書けないので詳しい内容はカリキュラムの詳細をご覧ください。

先生
先生
今回ご紹介した中で一番高度な内容を学ぶことができます。

\まずは無料説明会から/

上記のボタンは該当コースが開きます。
無料資料請求もできます。

IoTを学べるプログラミングスクールまとめ

容易に効率よく技術を身につけたい人は

しっかりと実力をつけてから転職したい人は

先生
先生
IoTに特化して学べるスクールはたった2校しかないため、全てのスクールの無料カウンセリングを受けてもそれほど手間はかからないかと思います。
直接話を聞いて比較すれば確実ではないでしょうか?

-社会人のためのIT・プログラミング学習, 社会人の学びと転職
-, , ,